スマートフォン解析

「一人でいるのが好きなんです」の本当の意味

 

私、結婚に向かないかも。一人でいるのが好きなんで、そういう時間が欲しいんですよね。

結婚したら、そういう時間が取れなくなるじゃないですか。


で、一人で何をしているかというと、ゲームしたり、テレビ見たり、映画見たり、Youtube見たりしているわけです。

 

言葉通りに捉えれば、あぁ、ひとりでいるのが好きなのねと思うかもしれませんが、そうではないんですよね。


要するに2人でいる楽しさを知らないんですよ。
知ってたら、こんな言葉は絶対出て来ません。

 

それは彼氏彼女がいちゃいちゃする楽しさでもなければ、
セックスする楽しさでもないわけです。

 

だって、彼らはそれらをすでに体験しているわけですから。

 

結果、そういった関係はつまらない、信用できない、最終的にがっかりする関係だと認識しているんです。

 

そういう辛い別れや喪失感が嫌で一人の方がいいと言っているわけですが、永遠にずっと楽しい関係をまだ体験したこともなければ、そんなものはないと思い込んでいるんですよね。結局、最後は体目的だったり、セックスしたくなるんでしょみたいな不信感です。

 

結婚が良いか悪いか、子供がいた方がいいかどうか、とか以前にそもそもちゃんとしたれんモスがいない状況なわけですね。

部活動@恋愛モンスターはじめます + 地方ぐるちゃあります

ラインのぐるちゃの人数が増えてきたこともあって、もう少し発言しやすいようにという意味も込めてサブぐるちゃを立ち上げることにしました。

 

部活ということで、第一弾は以下を立ち上げます(追記: 赤色がすでに立ち上がっています)。

  • 副業部(副業を立ち上げたい人用)
  • グルメ部(デート向きのレストラン情報などの共有)
  • 映画部(面白い映画の紹介、恋愛モンスター的な解釈など)
  • 鑑賞部(アート作品、旅先情報などの共有)
  • 読書部(本の紹介)
  • 筋トレ部(筋トレ、ストレッチ、トレーニングなどの身体づくりの情報交換)
  • 軽い恋愛トーク部


以下は第二弾候補です。

  • ゲーム部(スマホゲーム、PC、テレビゲーム機、リアル脱出など)
  • 家事部(家事、育児、時短術など)
  • 美容部(美容と健康情報)
  • 月1ベースの東京ごはん会
  • 英語オンリー部(語学練習用に英語でしか話せないぐるちゃ)

 

以下は立ち上げ候補

  • ドラマ鑑賞部
  • ペット部
  • カラオケ部
  • イラスト部
  • 漫画研究部
  • 占星術部
  • 音楽鑑賞部
  • 料理部
  • 勉強法研究部
  • 哲学・詩・名言研究部
  • 卓球部
  • クラバー部


それとは別に地方ぐるちゃを立ち上げていく予定です。

現在あるのは下記ですが、人数が増えればさらに細分化していきますし、希望があれば他の地区も立ち上げます。

  • 九州ぐるちゃ
  • 関西ぐるちゃ
  • 東京ぐるちゃ(オフ会用)
  • 静岡ぐるちゃ
  • ニューヨークぐるちゃ
  • 北関東

以上興味がある人は連絡ください。

f:id:MOLOVE:20180722235712p:plain

 

追加しました。

molove.hatenablog.com

【Club】【Q&A 215-1】どのタイミングでどのような形で両親に紹介するべきでしょうか?

みくLv7 24歳

れんモスになった人とどんなステップを踏んで結婚するべきかという質問です。

 

恋愛モンスターの記事を読む前から、自然とずっとれんモスになるためのように接してきて、もう出会ってから6年になる方がいます。

 

最初は、お互い高校生だったときに相手が私に一目惚れしてくれ、連絡先を渡してきたのがきっかけで知り合いました。

 

そのときお互い高校3年生で大学受験を控えていたので付き合わず友達として接し、相手が浪人することになったのでその期間(浪人中)はほとんど連絡をとりませんでした。

 

お互い大学生になってから、相手から連絡がくるようになり半年に1度くらいのペースで会うようになりました。相手からの好意は感じていましたが、全くのタイプではないためお付き合いの申し出はやんわりとかわし、人としては別に嫌いでなく私自身いろんな人と接することが好きなので、ご飯やお出かけの誘いにはのっていました。

 


相手が1年遅れて社会人になり半年が経った現在、この人と結婚すべきか考えるようになりました。

 

そのように考えるようになった理由としては、今までは全くタイプでないため付き合うことも結婚も考えていませんでしたが、れんモスの記事を読んでやっぱりこの関係を築けたことは素晴らしいことである点、高校生からの知り合いである彼はお互いの実家も車で十数分の距離、育った環境もほぼ同じ、価値観が一緒、私のことをすごく大切にしてくれずっとれんモスでいたため私のやりたいことを応援してくれる(自分の支配下にしようとするのではなく、私が幸せであることに幸せを感じてくれる)点がとても魅力的にうつるようになったからです。

 

また20代のうちに子供が欲しいと考えているため、結婚するならそろそろ相手を決めなくてはなりませんがもう6年もれんモスも続けている彼に勝てる相手を見つけられる自信がありません。

 

ここ最近は月に1回以上のペースで会うようになり、相手は結婚するまで付き合わずれんモスでいる関係に理解を示してくれていますが、逆に私がれんモスである状態のまま両親や小さい頃からお世話になった方に紹介するのが難しいと感じるようになってきました。

 

結婚するにあたっては、相手よりも両親のほうがれんモスの関係を理解してもらうのが難しい気がするのです。
(# 両親には、結婚したいと思ってる人だけちゃんと紹介して、他の人を紹介されたらあっちの人がいいんじゃないとか余計なことを言ってしまうからと言われてます)

 

そのため、そろそろテンプレ恋人同士のような関係になってから結婚の話を進めるべきなのかと思いはじめています。


長文、まとまりのない文章ではありますがなにか思うことがありましたら返信をお願いきます。

-------------------------------------------

れんモスはむしろ、積極的に両親に紹介していきましょう。将来的に結婚離婚いろいろあると思いますが、子供の人間関係は両親にとって本来,非常に興味ある話なんですよ。

 

携帯電話がなかった時代はどうしても自宅に電話する必要があって、その際にどうしても向こうの両親に取り次ぎをお願いしないといけなかったりしたので自然と交友関係はわかっていた時代もあるのですが、今は全くわかりませんからね。


それと両親に紹介するもう一つの効果として、セクトラしにくくなるというのがあります。特に親父さんと実際に話をしていると、結婚する覚悟がないと手は出しにくいでしょう。逆に結婚する気がないのに付き合おうとしている男は去って行きやすいです。

 

さて、今回のケースの場合どうしたらよいかをクラブで書いてみます。

 

つづきはクラブで

 

molove.hatenablog.com

 

女性にできる男のモテ度を上げる方法 (処女性を上げる方法 その32)

理想の男性に告白されるとか、理想の男性とれんモスになってそのまま結婚コースなんてことはほぼほぼないわけです。

 

ほとんどの場合は、アプローチを受けて、何となく良い雰囲気になって、結婚もありかなと思うようになって、軌道に乗ればプロポーズという風に女性側からは見えます。

 

実際は最初からセックス目的(結婚する気が全くない)だけの場合と、最初から結婚する気でいる場合があるだけで、しかも、その見分けは女性側からはほとんどできません。

 

これらのどちらにも対応できるのが恋愛モンスターですが、さらにもう一つ味付けできるのが今回の方法(正確に言うと解釈の方法)です。

 


昨日書いたように男性のたった一度の非モテ体験によるモテ度の低下は半端ないわけです。

 

逆に言うと、モテ体験は、モテ度を上げるか維持できるわけです。

 

しかし、セックスしてしまうと、後々、その女性からの信用はなくなりますから、その男性のモテ度は下がることになります。


つまり、相手の男性の希望のうち、セックス以外を叶えてあげるということは、男性のモテ度を上げてその魅力を上げていくことにつながっていきます。

 

そのメリットは、結婚はないかなぁと思っていた男性でもその魅力が上がることで結婚はありラインを越えてくれるようになること。

 

モテ度が上がった男性を相手にすることで今度は自分自身のモテ度が上がっていくことです。別の言い方をするとあげまん効果みたいなものです。

 

そのポジティブスパイラルに乗せることで自分自身の処女性も上がっていくわけです。

【Club】【男性向け】男性のモテロスト問題

イケメンで告白されまくっているような人でも、人生充実しまくっている感はあまりありません。むしろ、そういった告白に戸惑い、困っていることが多いです。

 

狙った彼女はたいていの場合、自分に釣り合っていると思っている相手なので、大学に入って一年目のマッチングで合わなかったら、こんなにモテている自分が非モテコミット丸出しでどうアプローチしたら良いのかわからないからです。

 

そう。自分からどんどん攻める経験がキモオタ並みにしかないんですよね。

 


また、1人の彼女がいる安定期のイケメンも、彼女のわがままに振り回されたりで、かといって、テンプレなので他の女にちょっかいも出せずにくすぶっている感じが多かったりします。

 

 

唯一、男がぱっとみて、なんか羨ましいと見えるのは、恋愛工学で複数の女の子とセックスしまくってタイプですが、そもそもそんな男に捕まるようなタイプの女性はまだまだ自分を確立できていない若い子か、人生迷走している落ち武者タイプであり、そこに信頼関係があるわけでもなく、実際、男も女もくだらない関係ですよとあっさりいうわけです。

 


これらの比較的女に困っていない男性でも苦慮するのが、モテロスト問題です。

モテ期の逆みたいな状況ですが、いきなりモテなくなったような錯覚と事実に襲われるのです。

 

それについてクラブで解説します。

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com

 

【男性向け】ジャニーズ的に好きなられることも、恋愛感情込みで好きになられることも意味がない

モテることの正確な意味がわかってくると、やるべきことと、やった結果が正比例して増えていくようになります。

 

撃ち漏らしやフェードアウト、ガン無視などは基本相手の処女性が低いだけであり、より楽しくなることはないので気にせずスルーしていけばいいだけなわけです。

 

女性の立場で言うと、いきなりのセクトラ、下ネタトーク、彼氏いるの?攻撃、やれないからのフェードアウトなどがそれに当たるでしょう。

 


さて、タイトルの件ですが、クラスの中で「かける君、格好いい」っていろんな女子が言ってるよというのは、要するにジャニーズ的なモテ方で、狭いコミュニティーだと立ち回りを間違えると総スカンを食らいます。かといって、距離を置いていても何も進まないし、特定の人と仲良くしているとねたみの対象になるので、バランス良く付き合っていく必要があります。

 

器量は悪いが性格がいい人や、見た目は普通だが処女性が高い人を、メインの交流相手にすることが一つの攻略法になるでしょう。


また、そういった中で、恋愛感情からの「好きです」攻撃をくらうことがあるでしょうが、これはあなたのことをまるでわかっていません宣言なわけでにっちもさっちもひとみちゃんなわけです。

 

いわゆるモテていると思われるこれらの二つの現象は全くモテていないんですよね。
少なくともその状態では互いの理解が進んでいるわけではないからです。

 

その時点では何も充実感はないわけですよ。

 

その先にとりあえず付き合ってセックスがあるから、それを報酬と勘違いして、モテている、羨ましいと感じるわけですが、性欲が満たされる以上の快楽はないわけです。

 

本当にモテている状態では、互いに信頼関係が強いので、別にセックスなんかしなくても、それ以上の充実感が得られるわけです。


それを意識できると、上記の二つが全くモテているようには見えなくなるわけです。

【Club】【男性向け】男性のモテの因数分解

昨日の続きですが、モテるには3種類あるわけです。

 

一般的にモテる男性と聞くと、多くの女性から好かれていると解釈するでしょう。

 

本人が誰からどれくらい好かれているかを完全に把握することは不可能であり、それはまわりの男性や女性も同じです。

 

一般的なモテているは、正確には「モテていそう(全体象は把握できないけど)」くらいが本当の意味です。

 

どんなにモテていても何らかの実利がないと意味がないわけです。

 

実利には、名声およびそれに付随する富、セックス、信頼の三つがあります。

 

クラブではそれぞれについて説明してみましょう。

 

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com

 

【男性向け】ほとんどの男性が勘違いしているけれど、モテるとはどういうことか

女性側からみた男性のモテは基本見た目で決まるわけです。
この堅牢性は相当高いのですが、それと女性から信頼されているかどうか全く別問題なわけです。

 

しかし、ほとんどの男性が取る戦略は、まず、最初に見た目の補強です。

清潔感あふれる髪型
びしっと決まったスーツ
ぶよぶよしていない筋肉質な体


次に、イケメン度が少し足りない人でも、頭の回転の早い人は話のネタを備蓄していきます。

 

さらに処女性が高い人はスポンテイニアスなタイミングの良い切り返しで場を盛り上げたりします。これは割と天性の才能が必要で、ジョジョの法則が発動しやすいのですが、本人がその使い方をよくわかっていないことが多く、いろんな人の覚えはいいのですが、モテに持って行けていないことが結構あります。

 

molove.hatenablog.com

 

 

男性から見たモテの全体像が上記のようなものであるため、二つの大きなポイントを見失っていることがほとんどです。

 

まず、モテることをセックスできることと勘違いしていることです。
それは最初に女の子の気を引くのにルックスが一番効果的であることから中身が大事なのではないという間違った解釈をしてしまうのもあります。

 

つまり、中身で勝負することに価値を見いだせないため、結果、得られるものが最終的にセックスの快楽になってしまうため、モテようとしたときに得られるものがセックスという構図になり、モテの動線がそこに貼られてしまうということです。

 

この勘違いはモテの解釈として、相手の女性が思わずセックスしてしまうほど信頼しているところから来ているわけです。しかし、実際にその信頼はあっさりと崩れたり、破れたりします。それは男性のゴールがセックスになってしまっているのに対して、女性のゴールが信頼関係の維持になっているミスマッチが起こるからです。


さて、女性が男性を信頼していると何が起こるでしょうか?
それは女性が男性の言うことを信用信頼するということです。

 

つまり、女性が男性の言うことを聞くんですよ。それがモテてているという状態です。
しかし、男性が女性をそれでだましているケースは多々あるわけです。ホストだってそうだし、ある意味、ジャニーズもそうでしょう。

 

ということは、女性をだまさずに信用を得ることが本当のモテなんですよ。
それが本来モテるためにゴール設定するべきことなんです。


もう一つの見失っているポイントはそのモテをロストしてしまう問題です。
これは次にまたまとめて書いてみます。

「ちゃん」付けの法則

女子は誰に対して「ちゃん」をつけるのかという話があって、もちろん、慣れない最初のころはとりあえずつけておいて、仲良くなったら呼び捨てにする場合もあると考えがちですが、行動様式として面白い仮説がありました。

 

ちょっとまだ集めた事例の数が少ないので、自分たちのまわりではこうだったというのがあれば、コメントでもぐるちゃでも教えて欲しいです。

 

 

女子は、女だけで閉じた社会だと基本的に呼び捨てで呼び合う(ある程度時間が経てば)。
その中でも、女子力や恋愛戦闘能力の高い可愛い子には「ちゃん」をつけて呼ぶ。
勉強ができるような子には同級生であっても「さん」をつけることもある。

 

ところが、コミュニティーに男子がいる、もしくは絡むことがあると、基本的に「ちゃん」をつけて呼び続ける。

 

この二つから読み取れるのは、嫁候補としての自分の市場価値を上げるために互いに協力しあって可愛い女の子ポジションをとることが自分たちのメリットになると自然に感じているのではないかということです。

 

いかがでしょうか?

れんモスは結婚の一番美味しいところの練習みたいなもの

恋愛テンプレ脳がよくいうセックスの相性が大事だからやってみないとわからないという説得のカウンターパートになるのがこれですよね。

 

結婚しても、セックスするのはせいぜい1時間もないでしょう。まして、子供が出来たら時間を見つけるのすら大変になってきます。

 

あとは睡眠や仕事に行っている時間を省くと夫婦の時間のほとんどはセックスをしていない時間なんですよ。

 

ということは、むしろ、セックスをしていない時間の相性の方がよっぽど大事なわけです。


すると、じゃあ、同棲しようと言い出すこともあるでしょう。

 

しかし、結婚しなくてよい状況でのセックス込みでは、セックスの刺激の方が強すぎて、セックスしていない時間帯の相性はどうでもよくなるんです。

 

そうならないために、どうでもよくならない状況での相性判断が必要なわけです。

それには、セックス抜きでどれだけ一緒にいて楽しめるかです。それでいてセックスへの期待はあっても構いません。ただし、やらない方が楽しいからやらないと合意しておく必要がありますが。


さて、そうすると、基本、れんモスとはけんかはしないので、夫婦の穏やかな時間帯の雰囲気に近い状態になります。


それがどうなるかです。

 

これが不思議なことに、処女性の高い低いもあるんだけど、本当ひとりひとり全然違う雰囲気になるんですよね。
しかも、それが結婚に向いているかどうかも意外と関係ない軸で違っていたりするんです。

 

良い意味で、条件で決めなければいけないというか、条件で決まるような感じになります。

 

【Club】親友の数に上限はあるのか、れんモスの数に上限はあるのか

これは僕の疑問です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、進化心理学者のロビン・ダンバーは、友達や仲間の数はだいたい150人くらいだと言っています。その中でも、親密な関係性(家族、親友など)になるほど人数は減っていくらしいのです。そうすると、れんモスのような、親密な関係になれる人数は必然的にかなり少なくなるのではないかと。みなさんはどうお考えでしょうか。

------------------
ダンバー数は「Facebookで友達500人くらいいる人を見るけど、ダンバー数によると人間が認識できる社会的関係の上限数は150人くらいなんだから、そんなに友達になったって意味ないじゃん」というディスり記事で見かけたことがあります。
面白いですよね。

定義は「人間が安定的な社会関係を維持できるとされる人数の認知的な上限」とあります。(疎遠になった人は数に含めないらしいです)
150人というと小中学校のクラス4つ分の人数ですね。顔と名前を覚えられるギリギリの人数って確かにそのくらいか…という感覚です。
会社でも、上司の上司(40人を束ねる人)とは仲良く話せるけど、上司の上司の上司(300人を束ねる人)になると一度も話したことがないし向こうは私を覚えていないだろうなって感じがします。
なので、感覚的には合ってるかなと。
------------------

ダンバー数はかなり浅いつながりまで含めて議論してるので、信頼関係を数多く深く持つのがテーマの恋愛モンスターの概念とはあまり関係がないような気がしますね。
恋愛テンプレ脳でも恋愛モンスターでも、つながりがある人の数自体はそんなに変わらないと思います。

ただ、同じ150人でもその内訳がかなり違うのが面白いところですよね。
私は落ち武者テンプレの頃はこんな感じでした。
家族・親戚10人、彼氏1人、親友1人、こんな私にも何故か話しかけてくれる優しい人5人、私のことを嫌ってそうなその他133人。
一方恋愛モンスターになった現在はこうです。
家族・親戚10人、以心伝心なれんモス3人、いつも助けてくれる人17人、会えば楽しく世間話ができる人40人、挨拶だけの人80人。
改めて書いてみると、自己評価が変わると人間関係の捉え方がこんなにも変わるのかと自分のことながら驚きます。

------------------

以心伝心なれんモス3人、いつも助けてくれる人17人…うらやましい限りです!

------------------

ちょっとまとめをクラブの方で書いてみましょう。


続きはクラブで

 

 

molove.hatenablog.com

 

「彼氏のためにやってあげなよ」は無料風俗嬢そのもの

何人かの男と付き合って男の本音に触れることで、男の人はセックスしたい生き物だとわかった恋愛テンプレ脳がこういうことで説得にかかりにくるわけです。

 

これは相手の市場価値を落として、落ちた自分の価値を相対的に少しでも回復させたいという意味もあるわけですが、それはほとんど意識していないでしょう。純粋にそれが上手く行く秘訣と思い込んでいることの方が多いはずです。短期的ですが、ラブラブになれるからです。手つなぎはセックスの始まりでしたが、いつでもセックスに移行できるので男の方もwelcomeだからそれに付き合っているわけです。

 

molove.hatenablog.com

 

 

若いと男も女も結婚する気はほとんどないので、実質、セックスするための女であり、しかも、お金を払ってないから無料風俗嬢と同じ状態です。

 

逆に言うと、風俗嬢で無料はありえないし、やりたくて好きで風俗嬢をやっている人はほとんどいないわけで、好きでやってる無料風俗嬢はリアルやりまんといってもいい状態なわけです。

 

それを彼氏の浮気だとか、他に好きな人が出来たとかで別れることを繰り返しているわけですが、男を喰い漁っているのと同じ状態です。正確には喰い漁られまくっているだけなんですが。

 

男に大事にされるポジションの嫁から一番遠いそういう状態をもって、私は結婚向きではないと、さらに無料風俗嬢道を極めようとするわけですから滑稽なわけです。

れんモスには依存の関係がない

昨日の記事に関係しますが、要するにタイトルのようなことということです。

 

恋愛感情もそうですが、依存というのは、期待、それも自分勝手な期待が含まれて大きく育ちすぎている状態なわけです。

 

こうあって欲しい、二人の関係はこうであって欲しい、こうすればきっとこうしてくれる、そういう思い込みを相手にぶつけている状態です。

 

なんでそういう期待をするかというと、自分の好きな自分がいられる場所をそれが作ってくれるからと思い込んでいるからです。

 

こういう私は嫌われている、もしくは嫌いだと。だから、そうじゃない自分を確保できる場所がそこだけなわけです。むしろ、他との関係性を切って、そこだけの関係にしてはじめて成り立っていることが多いのですが、要するに引き算の対処法なわけです。

 

そのため、そこがなくなることを極端に恐れるし、なくなったときに思考停止してしまいます。


一方、れんモスはRPGのレベルアップと同じで基本的に足し算の世界です。
常に新しい自分が作られていき、セルフコンフィデンスが上がっていく状態ですから、どんどん無双状態に近づいていきます。


勝手に離れていく人もいますが、それ以上に足していけば気にならないわけです。

【Club】恋愛モンスターに親友はいない

皆さんのアドバイスをもとに、思ったこと、さらに意見をいただきたいことをいくつか…

 

恋愛モンスターが異性だけでなく同性にも当てはまるという意見をいただき、安心しました。まさしく性別は関係ないような気がしたからです。(個人的には男友達のほうが話していて楽しい、とも思いますが)近年、性別に関しては複雑な問題となっていますが…とにかく様々な方々と関わっていこうかと。

 

------------------
なんとなくクラスの人気者とも繋がるのではないかと。なるべく分け隔てなく、貢献する。相談を聞いてあげたり、困っていたら助けてあげるとか。それこそ性別も関係ないですよね。自己、親、兄弟、異性、すべての人に対して。


------------------

最近本で知ったことですが、ダンバーさんの行ったある調査では、
「学生の電話記録を長期間追跡して、人間関係の変化を追跡したら、ほとんどの学生は、親友の数が常に5人前後に保たれていた」らしく。


「親友が5人いる人に新しい親友ができたら、親友が6人になるんじゃなくて、誰か1人が選抜落ちして、新しい親友がその枠に入る」ということらしく、面白いなと。
この調査での親友の定義はわかりませんが、どうやら人の脳機能では、親密な関係を維持するのは大変らしいです。
------------------

なるほど。大変面白いですね。人間は時間にも空間にも縛られますので、必然でしょうね。


ただ、人間は誰しも必ず環境も変わっていきますし、死にもすれば病気にもなる。
若い方ですとあまり意識されないでしょうが、結婚式より葬式に出る回数の方が増える日がいつか来ます。


ですので、5人以外の方とも薄く繋がっていればいいんじゃないの? というのがわたしの意見ですね。


親密さなんて波のように導きするものでいいのではないでしょうか。ああ、この人には久しぶりに連絡しても大丈夫だな。という、最低限の信頼関係さえあれば。

------------------
私もそう思います。

molove.hatenablog.com


れんモスはどんなに会っていなくても互いに心配し続けられる関係で、親子の愛に近いような感じですね。

一方で維持するのが大変な親密な関係というのは、れんモスでいうと50時間の壁を越える前のまだ安定していない関係に近いような感じがします。

 

50時間の壁を越えた状態に一度なってしまえば、どんなに会っていなくてもその人が心の礎になり自分を強くしてくれるんです。


------------------

 

タイトルの件についてクラブの方で書いてみましょう。

 

最後のコメントですが、確かにれんモスベイビーが育ちきった相手はどんなに会っていなくてもその人が心の礎になり自分を強くしてくれるんですが、さらに時間経過したれんモスXの方がずっと力強いですね。それには知り合ってから数年から10年くらいの時間が必要みたいです。

 

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com