スマートフォン解析

決めすぎたファッションは男を遠ざける

ここは婚活サイトでもないし、書かれているのは一般的な恋愛戦術論でもありません。

ここでの目的はあくまで下記になります。


”自分のことを一生愛してくれて、自分のやりたいことを支援してくれる男性と結婚できること。

比較的高収入で生活に困らない、もしくは、少し贅沢できるくらいの生活はできること。

子供を何人か産んで、それでいて、ある程度、子育てした後は自分の仕事もできること。

一緒にランチできる自分のことを大切にしてくれる男の友達が複数いる状態で、かつできれば、その男性の存在も夫が認めてくれていること。”


さて、男女が出会うには、街角にしろ、コンパにしろ、パーティーにしろ、職場にしろ、サークルにしろ
まずは話をしないといけません。

職場やサークルなら、何度も会いますから、機会損失の可能性はかなり低いです。

なので、結婚したいような男性がいるようなコミュニティーであれば、どんなファッションでも、それほど問題ではありません。

問題は、その相手と一度しか会えないようなシチュエーションです。

特に家が裕福だったり、本人が夜の仕事をバイトでしていたりして、洗練した格好をできるだけのお金を持っている場合です。

いってみれば、お店に行って、何でも好きな洋服を着て良いよという状態ですから、お店の人もすでに確立しているコーディネーションを勧めやすくなります。

結果、ファッション雑誌から出てきたような出で立ちになります。

とくに本人がそれなりに美人だとなおさらです。


相手が自分と同じ恋愛モンスターだったらいいのですが、まずそのようなことは期待できません。
そのような人に積極的に話しかけてくるのは、ナンパ師くらいでしょう。

要するに、養うのに高く付きそうな女に見えるわけです。

これはこれで、起業家などには人気です。しかし、比較的まっとうな仕事で高収入な人はむしろ避けるでしょう。

そのどちらにも対応できるのは、
ブランドのはっきりわからないシンプルな服装でしょう。

よくヴィトンの鞄をもっている娘がいますが、ものの価値を自分で判断できない頭の悪い子、もしくは、高級なもののイメージで自分の価値も同様に高いと見せたいと思うほど価値が低い子というアピールでしかありません。

化粧も同様ですが、これは別途書きます。