スマートフォン解析

医師の結婚相手

医師は結婚相手としては、かなり無難な相手といえます。

社会的地位はそこそこあって、一部の経営者ほどの収入はありませんが、中堅以上なら1000-2000万程度の年収は確実にあるし、安定性という意味でも悪くありません。

では、医師はどんな人と結婚するんでしょうか?

印象としては、

女医さんが20-30%くらい
看護師も20-30%くらい
一般の人が20-30%くらいであとは大学の環境なんかで増減しているような気がします。

すごい美人と結婚している人も中にはいますが、おそらく10人に1人いるかいないかでしょう。
ほとんどが、中の上から、上の下くらいの容姿のまじめそうな相手が多いです。

 

医学部に入るのが難しいという場合、やはり、看護師は職場が同じだけにチャンスが多いように感じるかもしれませんが、大事なポイントがあります。

それば、別にルックスが特上とかそういうのではありません。そういう娘はたいてい遊ばれて捨てられます。

看護師と医師が結婚する場合、ほとんどの場合、研修医時代の同期、もしくは、2-3個上と限られています。

看護師さんが4年生の大学を卒業して、働き始めるのが23歳。
医師が病院で働き始めるのが、25歳ですから、年下と結婚するという条件を加えると、医師が一浪している場合でようやく3年目の看護師が相手に選ばれえますが、基本的にそれはあまりないでしょう。というのは、その看護師はおそらくその3年間に別の医師と付き合っており、知り合いとセックスした女とは結婚しないの法則が働いて選ばれることはありません。

なので、実質、チャンスは最初の2年間だけです。

しかし、最近はスーパーローテーションで、医師もその医局に3ヶ月しかいないことも多いので、次々に新しい研修医が来るという意味では弾数は増えますが、期間は短くなります。

しかも、それでいて、あなたを狙っているという態度の女の子はほぼ選ばれず、むしろ、あなたなんか眼中にないくらいの人が選ばれますから、難しいです。
有効なのは、ディスリの技術です。研修医は注射もまともにできず、病棟管理のイロハもわかっていませんから、その辺でそんなこともわからないのとプロフェッショナルな態度で接してあげましょう。すると、そこに母性も感じてほれてくれる可能性が増えます。


しかし、いずれにしても、最初の2年間を逃したら、別の戦略に変えた方が望ましいです。