スマートフォン解析

女子が親友と呼んでいる友達はたいてい親友ではない

聞いていて、ものすごい違和感があるのが、「親友」と呼ばれる友達である。

女子は基本的に学生時代などは連れション仲間がいますよね。

学校の休憩時間に必ずペアでトイレに行く相手です。
たぶん、親友なんだろうけど、その子らは互いのことを親友とはいいません。本当に親友だからでしょう。


で、親友と呼ばれている友達ですが、
恐らく、知り合い < 友達 < 親友と自分の中でランク付けをしていて、ただの友達以上という意味合いで使っているものと思われますが、本当に信頼できる友達がいないからこそ、それを補うために互いに親友設定しているのが実情でしょう。

実際、もし、その親友があなたのことを嫌いと言って、向こうから絶交状態になったら、それでも親友だと言えますか?と聞くと、そうなったら、親友じゃないといいます。

それは親友ではないですよね。


親友だったら、あなたのことを嫌いになる心理状態も含めて、心ばかり、自分の相手を思う気持ちがいつか伝わると信じて待つものです。


もうちょっと、プロファイリングすると、要するに、自分に自信がない。

自信がないから、そんな自分を見透かされて、嫌われたくない。

そのために、自分のことは隠すようにしている。

しかし、そんな態度では誰も信頼してくれない。

ところが、たまたま同じような境遇で、気が合う仲間が出来る。
でも、自分に自信がなくて、相手のことも心底信用できないから、親友設定して、親友と呼ぶことで、自分を裏切らないように強制しているわけです。

寂しさを紛らわす相手としてそれを裏切るなよというわけです。


でも、本当の親友は、どんなに離れていても、どんなに長い時間会話が出来ていなくても、それでも会いたいと思い続けられる相手だし、久々に出会ったときに心のそこからの笑顔でハグできる相手なんだよね。