スマートフォン解析

歯並びの矯正はするべきか?

自分は自分自身の歯並びにそこまで執着していなかったのですが、今となってはもう少しちゃんとやっておくべきだったと感じています。

ニキビ顔とか、一重とか、天パとか、色黒とか人によっていろいろ悩みはあるでしょうが、多少のdisadvantageをひっくり返す力があるとしたら、歯並びです。

歯並びさえ良ければ、他は個性と写るでしょうが、歯並びが悪いと合わせて一本的に相乗効果で印象が悪くなります。


左右対称の軽い八重歯くらいまでなら、許容範囲ですが、できれば、それも整えた方がベストです。

結構長い間、矯正器具を口の中につけないといけません。

それを恥ずかしいと思う時期もあるかもしれませんが、正直、歯並びが悪い方が恥ずかしいです。

問題は、ほとんどの歯医者が歯並びの調整に歯を抜くことでやろうとすることです。
歯を抜くと、歯一本分歯自体が奥まって配置してしまうんですね。

そのため、できれば、歯を抜かずに矯正したいところ。


一番ベストな時期は7-10歳くらいなので、最悪自分の子供にはしてあげてください。
10歳になる前だったら、抜かずにやる方法もありますので、検討してみましょう。
Rampaで検索すれば出てきます。ただし、お金は100-200万はかかりますけどね。


リンク先の一番右に丸印があるところがそのサービスをやっています。

歯科医院検索 | 顎顔面口腔育成研究会(JACG)