スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45歳独身女性の悲哀

先日、ファミレスで一人で休憩しているとき聞いた横に座っている男女の会話。

男性は、60歳くらいで、開業している医師のようでした。
相手は、45歳くらいでしょうか、結構な美人でした。
もしかしたら、以前つとめていた看護師なのかもしれません。

どうもその女性はここ1年くらいで知り合った男性と不倫の関係にある。

相手の男性は、離婚をするといったこともあるが、嫁が別れてくれないと言っている。女性の方は、嫁のせいじゃなくて、その男性に嫁に対する情が残っているんじゃないのかと疑っている。

しかし、切ろうにもこの年齢で久しぶりに出会えた男性なので大切にしたい。

毎日一人で寂しくて泣いている。

最低限生活できるお金があるなら、お金は別に要らない。

私が欲しいのは、ヒトとのつながりなのよ。

とのことでした。


なんか、いろいろ詰まっていますよね。それでいて、それらにその女性は全く気付いていない。そんな年齢になるのに!!

かなりの美人なんです。若い頃から、それなりにアプローチも受けていただろうし、何人かの男性と付き合ったりもしていたんでしょう。

でも、どれも、「彼氏」(=セフレ)としての関係しか築けず、別れたらそれっきり、会っても結局セフレの関係という状態で、もう年齢的にセフレとしても会ってくれなくなってきている。


結婚できるかどうかが大事じゃないんですよ。

ガードが固すぎても、緩すぎても、結局、こんな風に同じ結果になるんです。

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 


彼女はその年齢になって、実は一番大事なことに気付いているんです。

「私が欲しいのは、ヒトとのつながりなのよ。」ってところです。


でも、今までの生き方と今の生き方がそれと全く逆であることに気付いていないんですよ。

それが結婚であると彼女は勘違いしているんだけど、実は結婚しても同じことなんです。

彼女が求めるようなものは、セックスのない関係を複数持つことで解決するんです。それをこつこつ積み上げて、さらに積み上げていく作業を重ねてこそ手に入るんです。

そして、それは20代でもっとも効率よく集まるんですよ。

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com