スマートフォン解析

【Q&A 3-2】どこまで過去や現在の男性遍歴を話すべきか

Rosie (Lv1)さんはおそらくまだ50時間の壁を越えていない状態ですね。
なのに50時間近く話しているということは、いったい何を話していたのか?となりますが、自分の恋愛や恋愛観を話すときにどこまで過去の男性経験を話したら良いかというのは結構大きな問題です。


つまるところ、話せば話すほど、自分の処女性が下がり、市場価値が減っていくからです。
逆に言うと、処女性を上げる話ならいいわけです。


極端な話を挙げると、100人の男性に言い寄られて、100人とデートしてみたけど、結局、誰とも付き合わなかったという武勇伝ならありです。


さらにれんモスのステータスによって、戦術は少し異なってきます。

f:id:MOLOVE:20150805141659j:plain


れんモスBだと、あっけらかんに全部話してOKです。相手にもよりますが、特殊な性癖まで話してもOK。
結婚することも、付き合うこともないからです。でも、距離はできるだけつめておかないと、二人でいる面白さが最大化できないからです。


れんモスXもまぁ、たぶん、何でも話せるので、話してもいいのですが、たぶん、そんなことを話さなくても他に話すことがあるはずです。


で、残りのS,A,Gですが、基本的に一切話してはいけません。
ただし、さっきみたいな、食事にいってはみたけど、付き合わなかったという話ならありです。
Rosie (Lv1)さんの場合は、夫のとの馴れ初めは話してもかまいません。ただし、聞かれた場合だけです。
それ以外は、一切話さないこと。なかったことにしてください。
男も怖いので、絶対聞いてきません。


聞いてくる男はあなたの処女性が下がって組みやすくなることを知っている体目的の男ですから、相手の戦術に乗らず、嘘でもいいので処女性を上げる話に作り変えるか、場合によっては嘘をついてもかまいません。


こういう男と食事に行って、こんな高級料理を食べたけど、その後、何もなかったとか、いまでもいい友達とか、れんモスであることを強調します。


これがあなたの処女性を上げるので、体目的の男であっても、結婚の対象になりえる女と目的を変えさせる効果もあります。


明らかにあなたの過去の男性遍歴を知っている男であっても、絶対にあなたからそのことに触れてはいけません。


大切なのはあなたの処女性を上げ続けることだからです。