スマートフォン解析

転職するべきかどうか

状況は人ぞれぞれいろいろあると思いますが、転職するべきか、今の仕事を辞めるべきか、または辞めたいなんて状況はあると思います。


ブラックできついから辞めたいという場合と、仕事はつまらないけど、給与が良いから辞めにくい辞めたくないという場合をよく聞きます。

 

いずれの場合も辞める方が正解です。


さて、給与レベルは誰でも出来る仕事が一番低くて、次にクレーム処理などややストレスが多くて辞める人が多い仕事がちょっと高くて、見た目が綺麗など特殊な資質で少し上がり、あとは資格の難易度で徐々に上がっていく感じです。いずれにしても、知識や技術でお金を稼ぐ元を作れる仕事ほど給与は高くなっていきます。


なので、資格を取るというのが、給与を上がるのに一番よいのですが、どのレベルの仕事であっても、決められたことを決められたようにするだけではやっぱりつまらないわけです。また、そこに成長の余地はほとんどありません。

 

恋愛モンスターでいるためには、成長し続けないといけないといいました。


別の言い方をすると、男に捨てられないためには、結婚相手として選ばれるためには、成長し続けないといけないわけです。


成長するというのは、具体的にどういうことかというと、
それぞれの職場で、みんなが仕事しやすいように、生産性があがるようなことを提案し、積極的に改善していくことです。
うまくいく場合もあるし、他の人が非協力的で浮いてしまい、うまくいかないときもあります。


で、転職のチャンスがあれば、半分以上業務がかぶっているところにスライドしていきます。


そして、そこでも、業務改善に取り組みます。
そうこうしているうちに、この人は使える人だと上が判断して、たとえバイトで入ったとしても、特別職の枠を用意してくれることがあります。この際、転職のメリットは、他のやり方のいいところと、自分だけの改善点両方を次の職場に持ち込めることです。同時にうまくいかないパターンも経験していますから、転職を繰り返している方が持っているカードは増えます。

 

逆に転職するべきでない状況は、その逆でまだまだその職場に改善点があったり、習うべきことが残っている場合ですね。


さらにできれば、一つの職場でなく、バイトで良いので、同時に複数の職場で働くことで上に挙げたチャンス(特別職をもらえること)は倍増します。