スマートフォン解析

出会いを求めていかないと恋愛モンスターのレベルは上がらない

女の人によく聞くのはれんモスの数です。
れんモスといっても伝わらないので、「二人で食事にいける男友達は何人いる?」と聞きます。

 

 

molove.hatenablog.com

 

三人から五人くらいと答えるのはやはり、若いころにそれなりに遊んでいた娘たちです。市場価値も落ちていますが、処女性が高かったりする場合もあるので、ガードの固すぎるガチガチの女の子よりはチャンスがはるかに多く、逆転の可能性もあります。


ざっくりタイプを分けていくと、


1) ガチガチにガードが固くて、ヘタしたらデートすらしたことない子


2) なんとなく付き合った人もいるし、非処女だけど、処女性も高くない子(一番多い)このパターンは可愛いのに売れ残っている子も多い。


3) 恋多き女で、次から次に男は絶えないが、処女性も低く、最終的には自分のスペックにはつりあわない金持ちと結婚するか、結婚できないか、離婚するパターン


4) 恋多き女だけど、意外と処女性が高いため、ワンチャンスつかめるタイプ


5) 処女性は高いが、積極的に出会いを作っていかないため、いつのまにか売れ残っているパターン


6) 処女性も高く、出会いはしっかりつかんで、釣り合いの取れた理想的な人と結婚できているパターン ただし、結婚後幸せとは限らない(男性のスペックが高いため、女が寄ってくるため)

 

で、一般的には、れんモスの数が多いのは4)です。次に6)であとは0か1のことが多いです。1)や2)や3)の子がしっかり6)を狙っていきましょうというのがここの趣旨です。