スマートフォン解析

あいつとは別れる・別れた詐欺

どうもこういう方法がworkしているみたいなので。


20代前半のクラブで遊ぶような子達は、恋愛とセックスと結婚を切り分けて考えていて、結婚はあとで考えれば良いこと、セックスは気持ちよければまぁ、いいかな程度に考えていて、いわゆる「即」という出会ってその日にホテルにお持ち帰りされたりすることも一応経験したりしているわけです。しかも、やったあとは互いに連絡先も交換せずにバイバイ。その後もセックスはするけど、彼氏ではないみたいな相手がいるわけです。恋愛モンスター的には、どんどん値札が下がっていくだけですが、意外と処女性は上がっていくこともあり、プラマイ0的になることもありますが、実際は自己評価が下がっていくのでやはりマイナスにしかなりません。

 


で、20代中盤になってくると、少し結婚のことを意識し出します。
その頃になると、30代の人も相手として候補に挙がってきます。

 

ハイエンドな男は処女性の高い女の子と結婚していき、かつ、そういう子は結構扱いが大変なので消耗していきます。


売れ残った高額物件はコミュ障なので、女の子の前には現れません。


それよりも出会いの機会が多いのは、結婚生活に疲れて、プレイヤーとして戻ってきたハイエンド男か、根っからの遊び人です。とはいえ、30代になると、どちらもすでに結婚していることが多いわけです。

 

で、出てくるのが、
「嫁とはうまくいってない。別れようと思っている。」


さらに知り合いが使っていたのは、


ひとりは、
「もう離婚している。ただ、子供を預けながら働ける職を元嫁が探しているので、それが見つかるまで同居している。それが見つかったら、おまえと同棲して、結婚したい。」


もうひとりは、
「自分は離婚届にはんこを押しているけど、嫁が押してくれない。別居するため、自分は外に泊まっている。」

 

共通するのは、その話をことあるごとにする。嘘も10階くらい繰り返すと、あぁ、そうなんだと思わせられるんだよね。

結婚しているということは、それだけで、その人の妻という女性の保証付きみたいなもんなんです。それと、もしかしたら、自分と一緒になれるかもの期待で落ちるんですね~
その理由として追加効果として、
ひとつは、悪い事をしているというドキドキ感と、そこにストーリーがあると認識しちゃうからなんです。

 

例えこのような状況であっても、恋愛モンスターに徹していると、実はもっと楽しいことになるのですが、そんな世界があると知らないもんだから、そこは目指さないんだよね。
残念。

 

意外と本物より声は出ているという。

www.youtube.com