スマートフォン解析

【Q&A 4-2】医学部女子の結婚のパターン

一口に医学部女子といっても大学によって事情が少し異なります。


七帝大になると、10-30人/100人程度だし、中堅の国公立や地方の私立だと30-40人程度、地方の国公立や都会の私立大学だと半分くらいが女子になります。


結婚という意味で一番有利なのはやはり女子率が低い七帝大になるでしょう。


平均程度の可愛さがあれば、戦術さえ間違えなければ、ほぼ間違いなく結婚できます。
共通の知り合いセット、ほぼ同じ条件の男性集団との出会いの機会、圧倒的な収入、仕事への理解などがありますしね。

 

molove.hatenablog.com

 

その他の場合、基本戦術は同じなのですが、研修の仕方によって少し変えないといけない点があります。まずは医学部女子の結婚にどのようなパターンがあるのか説明してきます。


まず、1年生で付き合い始めたカップルはほぼ100%別れます。
なので、いい男を取られたとか考えずに、自分の処女性を上げることに注力していけば良いです。

 

molove.hatenablog.com

 


同級生で結婚するのは、3年生から付き合い始めたカップルの半分くらい、それまで同級生と付き合っていなかった女子が5年生ごろから付き合い始めた場合の8割くらいでしょうか。しかし、トータルでみると、同級生と結婚するのは10%程度でしょう。せいぜい。女子が多い大学だともう少し多いかもしれませんが。


まれに卒業してから、働いている病院が一緒で同級生と結婚するパターンもありますが、あまり期待するような出会いではありません。

 

それよりも多いのは、学年がひとつふたつ違う先輩後輩です。
そのほとんどの場合が、同じ部活のことが多いです。学年が違うので知り合うのが最初の1年目ではないし、部内恋愛禁止の雰囲気もあるので、すぐには付き合い始めないからです。逆に言うと、部活に入ってすぐ付き合い始めたカップルはほとんどが別れます。

 

その次に多いのが、出身大学でない研修先の病院で知り合った同期もしくは、1,2年学年が違う人との結婚です。

 

で、意外なことに一番多いのは、学年が6,7個上の先輩というパターンです。

 

弁護士など、他業種との結婚はあることはありますが、2,3%以下ですね。

 

それぞれのパターンには、恋愛モンスター的に解釈できることと、それらが成就する秘訣があるのですが、続きは明日。