スマートフォン解析

【Q&A 4-4】医学部女子の医師と結婚するための基本戦略

さて、女の華はやっぱり20代なんですよね。


なので、できるだけいろんな男の人と知り合うのは20代のうちにやっておくべきことです。これは別に医学部女子に限った話ではありません。20代に知り合っておきさえすれば、男の人はずっとあなたのことをそのときのイメージで見てくれます。


ということで、医学部女子にすすめるのは、ふたつ。


割と大きな部活に入りましょう。テニスとか男女がいるところがいいです。
大学によっては、弓道とか、水泳とか、陸上に人が多いことがあります。
別に3年生とかでも入ることはできるので、臆せず入ることです。
部活の先輩後輩はびっくりするくらい卒業後のつながりで活きてきます。


もうひとつはそこまで無理してしなくていいですが、交換留学とか、語学の集まりとかで他大学の医学部生と交流するイベントがあります。そういうのは、積極的に参加していきましょう。別にそれで彼氏を作るとかではなくて、知り合いを作っておくのと、20代の私の拡散のためです。

 

一番大事なことは3年生になるまで、同じ大学に彼氏を作らないことです。
できれば、学生の間は作らない方がいいくらいです。5年生以降なら結婚できる可能性がかなり上がるので、結婚が確定するまでれんモスとして付き合うのがベストです。その助走期間なら結婚は割りとスムーズでしょう。


大学から遠くはなれた地元や、全く違う業界に彼氏を作ることは構いませんが、絶対に大学の友達にそのことをしゃべってはいけません。親友の口が堅いはずの女の子であってもです。必ず、うわさとなって広がります。

その後、同じ大学内で別の人と付き合うことになっても、絶対にその過去の男のことをしゃべってはいけません。

 

その全く逆で、同じ大学内や外の業界にれんモスを作るのは積極的にやっていきましょう。また、その話は誰にでもいくらでも話しても構いません。あなたがモテる女であることを証明するからです。また、彼らとの会話を通してあなた自身がもっと魅力的になっていくでしょう。

 

あとはここに書いてある処女性を高める方法を実践してください。
これがベースの戦略です。

 

れんモスが作りにくいという人にお勧めなのが、ツーマンセルで男の人を誘う方法です。女の友達と二人で、同級生とかの男の子一人か二人を誘って、かいものデートや海水浴、山登り、旅行などに誘いましょう。そんなことをしていると、そのうち、恋愛感情が沸いてくると思いますが、3年生になるまで付き合ってはいけません。この辺の話は近いうちに一般論としてまた解説します。