スマートフォン解析

セックスとセックスの間隔から恋愛テンプレ脳女子が股を開くべき時間を読み解く

もし、結婚して50年間一緒にいるとします。朝1時間、夜3時間、週末はもっとかもしれませんが、毎日4時間話せる距離にいるとします。


トータルの話せる距離にいる時間は
4時間 x 365日 x 50年間 = 73000時間です。


仮に3時間にしても、54750時間です。


生涯の平均セックス回数が1200回でしたから、4時間だと、61時間に1回のセックスです。

 

 

molove.hatenablog.com

 


3時間だと、45時間に1回のセックスです。


そう考えると50時間というのは割と合理的な数字なわけです。

 

 

molove.hatenablog.com

 


定期的にセックスしていてもその間隔は話せる距離にいても50時間程度。ということは、最初のセックスまでの時間は最低でもその50時間なわけです。

 

 

いやいや、20代ならもっとするでしょうというのなら、20代の分だけ別に計算してみましょう。


4時間 x 365日 x 50年間 = 73000時間の20代の10年間だと、14600時間です。


女性が各年代でセックスする平均回数は20代から60代までで468, 288, 192, 144, 96回だったので、20代の468回で割ると、
14600時間 ÷ 468回 = 31.2時間です。

 

つまり、同棲に近い生活をしていた場合、覚醒状態で一緒にいる時間のセックスとセックスの間隔は20代で30時間くらいなわけです。


同棲していると、毎日するというフェーズにもいつか入るだろうから、それだと一緒にいる時間換算すると、数時間に1回になります。


残りの20数時間は、セックスレスになった最後のフェーズか、セックスする前のフェーズに割り振られることを考えると、恋愛テンプレ脳のセックスであっても、やはり、50時間くらいはセックスせずに一緒にいる時間が最初に来てもおかしくないわけです。

 

 

そうではない会ってすぐやるインスタントセックスが含まれれば、含まれるほど、その時間は伸びていきますから、やはり、恋愛テンプレ脳であっても、継続的なセックスパートナーの場合、最初のセックスまでに50時間以上はセックス抜きで一緒にいると考えるのが一般的な行動様式に当てはまるようです。でないと、セックスすためだけに会うだけのような関係となってしまいます。

 

少なくとも、夫婦のように一緒にいる時間を大切にするような関係でいたいなら、セックスとセックスの間隔は短くて30時間なわけですよ。

 

 

 

※この記事は【Q&A 17-20】の答えでもあります。