スマートフォン解析

【Q&A 26-2】婚活サイトをどう考えるか?

結婚紹介所から婚活サイト、ただの出会い系と相手を紹介する所は色々あります。

 

左に行くほど、かたいところで結婚するかどうか、YES/NOでとっとと決めろと迫ってきます。一方、右の方は体目的の男の率がどんどん増えていきます。


なので、結婚相手を紹介しますとうたっていないサイトはほぼ確実に体目的の男が結構混じっているわけです。


逆にかたいところであっても、良スペックに見えるほど、そういう男子は入れ食いですから、直前キャンセルでやり捨てしてたりする場合もあります。


これらをどう見分けるかというのもひとつのスタンスですが、自分自身の気持ちの入り方でかなりバイアスがかかってしまう(詐欺師を信じるパターンがかなりある)ので、あくまで出会いの場の一つくらいに考えて、かつ、結婚の相手探しとは考えずにどっしりと構えておくことです。


そもそもモテる男も女も、相手が普段からいろいろ言い寄ってきますから、わざわざそういうところにお願いしたりはしないわけです。


遊びたい男がフィールドワークの一環として利用することはありますが、そういう男は本来そういうところに頼らなくてもモテる男なので、ずば抜けて良スペックに見えます。


なので、狙い目は、見た目はやや良くないけど、話すと面白いくらいの人です。


でも、コミュニケーション能力がそれなりに高い人はやっぱりモテるんですよね。だから、婚活サイトには来ないんですよ。


話の面白い人、魅力的な人、いろんな価値観を受け入れてくれる人っていうのは、一言でいうと、いろんな人と出会って話している人なんですよ。


逆に言うと、自分自身もいろんな人と出会っていかないとそういう人には出会えないし、相手を魅了することもできないんです。

 


ということは、いろんな人にランダムに出会える婚活サイトはその意味で有意義ですが、あくまで出会いの場のサブとしてとらえておくべきです。バリエーションを増やすための場です。


だから、結婚相手を探すと言うより、自分を成長させてくれる人から、その真髄をとことん吸収するくらいの気持ちで会っていけば良いですし、そういう機会を与えてくれる所くらいに考えておけば良いでしょう。


まぁ、普通の見合いでもたいてい4人くらいトライアンドエラーを繰り返して、結婚相手を決めているので、気にせずどんどんいきましょう。