スマートフォン解析

結婚にいたらない理由を考えてみる 日常編

いきなり会って、結婚決めろってそりゃ、無理な話や。


ほぼ条件だけで決めないといけないわけだからというのが昨日の話。

 


じゃあ、ある程度日常的に出会っている人ならいいのかとなります。

 

学校でも会社でも良いのですが、ほとんどの場合、男でも女でもその集団の中で好みの異性とぎりぎりいける異性くらいをカテゴライズして、しゃべる機会がある時にテストするわけですよ。


そこで好印象を持てば、期待が生じるので、恋愛感情が生じます。


恋愛感情は期待と不安の詰め合わせなので、めちゃくちゃ冷たい態度をとらえても生じないし、がっつりおまえのことが好きだーーーという態度を取られても生じません。
どっちかよくわからないけど、誤算であったとしても勝算がありそうというときにだけ生じます。

 

問題は、恋愛感情は結婚したい気持ちとは別物ということです。


そこで、それを確認するために付き合うんだと恋愛テンプレ脳は主張するわけです。


確かにその点においては合理的です。しかし、実際は、とりあえずセックスしたいだけの男が付き合うというカードを切っているだけで、セックス後は結婚できないなら別れるというカードしか残っていないわけです。


で、セックスまでしたんだから結婚したいと女が考える場合と、浮気とか将来性でこんな男にはついて行けないと考える場合があるわけです。


前者の場合は、責任取れというやつで、数年間とか、適齢期過ぎたら引き取らないといけないというやつですが、実際にそのような例はかなり稀です。
それ以外はほとんどのカップルが別れていますよね。


二人で一緒にいると楽しくて、二人で足りない部分を補いながら、互いに成長できるから、一緒になろう、結婚しようならわかるのですが、実質、ここで別れたら私の結婚市場における市場価値が落ちるから結婚してくれということですから、男の方にも結婚する理由が見当たりません。


後者の方は、そんなことは付き合う前にしっかり見極めろよという問題です。


ここでもやっぱり、二人の関係性の推移の中期的予測が立たないまま付き合うことを決めたり、もしくはつきあわないことを決めてシャットダウンしているため、機会損失しているわけです。