スマートフォン解析

男は好きだから結婚したいとは考えない

付き合うにしろ、結婚するにしろ、告白するのは基本的に男の方という状況があるため、次の相手の機会を自由には選べない女性は、付き合っている人と結婚したいと考えるし、好きな人と付き合いたいと考えます。

 

でも、男の場合、ベースはセックスしたいだけで、それに恋愛感情が少しペーストされているだけなので、セックスしたい人と付き合いたい、もしくは、好きな人と付き合いたい、で、さらにセックスしたいと考えます。その思考過程の中に結婚のことはほとんどというか、全く考慮されていません。

 

結婚に関しては、結婚できるステータスになった後の非常に短い時間に結婚しようと考えます。その短いスポットの中で身近にいる結婚できるステータスの女性のうち、自分がベスト思える女性にプロポーズします。

 

そのためには、そういった男性の知り合いの中でベストな存在でいるか、そういう男性との出会いの機会を増やすしかありません。ベストな存在のであるための最低条件は、原則的に共通の知り合いの男性とセックスしていないという事実が必要です。相手が金を持っているだけのぶさいくな男の場合はランクが低いわけだから、それには当たらないケースもあります。

 

 

さて、タイトルの話に戻ります。男性はもちろん、若い頃は好きだから、付き合いたいし、できれば、結婚したいと考える場合もあります。まじめな人は特にそうです。


でも、大学を卒業して、相手も卒業して、それぞれ違う職場で働いて、生活のリズムも場所もペースも変わっていく中で、共同生活を営むためには、どちらかが、もしくは、両方がそこをすりあわせるために無理をしないといけない局面があります。


その条件を飲むのかどうかは、やはり二人の関係性がどれだけ成熟しているかなんですよね。つまり、れんモスベイビーがどれだけ成長しているかなんです。

 

molove.hatenablog.com

 


それが成長していれば、引っ越す、仕事を辞めるという選択を迷いなくできます。


どんな状況でも二人で力を合わせてやっていく。どちらかが、仕事を辞めたり、出世をあきらめることも受け入れることができます。


どんなにマイナスな選択肢をしたとしても、あぁ、それで良かったと思えるようなパートナーになりうるわけです。これをつきあい始めた後にそういう関係を作ることも可能ではありますし、出来ると思うから、恋愛テンプレ脳の人たちはつきあうわけですが、現実には出来ないことが多いですよね。

 

それは男性が結婚に関しては、一番都合の良い女性を選ぶからなんですよね。


でも、モンスターが育ちきっている場合にだけそれをくつがえすことができることもあります。


つまり、身近で自分の世話を全力でしますよという都合の良い飯炊き女より、好きだからではなくて、尊敬できるからという理由で選ばれるならば、最初は別居も場合によっては受け入れるでしょう。

 

それらをひとつ後押しするのは、結婚したら、何が変わるの?にセックスを加えることができる場合でしょう。
まぁ、おまけの一つですが、強力なおまけにはなりますね。