スマートフォン解析

セックスが上手くならない二つの理由

恋愛テンプレ脳の女の子で複数の男性と肉体関係を持ったことがある子でもオーガズムを感じたことがないということが多いわけです。


AV女優はたいていセックス好きな子がほとんどですが、それでも、いったことがないと答えている子がちょこちょこいます。


これには処女を重んじる日本独特の原因が少し関係しています。

 

通常、つきあい始めた場合、恋愛テンプレ脳の女の子は男性経験を少なめに申告しますよね。100人だろうが、20人だろうが、10人だろうが、少し多めだったら、3人。少なめだったら、1人。場合によっては処女のふりすらします。


で、実際、ことに至った場合でも、ここはああして、こうしてなんて要求は出しません。


基本、男にされるがままで、「あかりちゃん、上手だね」とか言われても(これは実はディスリですが)、
「そんなことないよ~、どうしたらいいかよくわかんないもん」とか答えるわけです。

 


最初から遊びのセックスならそうでもないですが、結婚を少しでも意識している場合、ヤリマンと思われたくないので、経験が少ないふりをしますよね。


つまり、積極的にセックスが上手になるような態度は取りにくいのです。


一人の男性で慣れてきたら、上手になる努力もするでしょうが、次に付き合いだした男性にはやはり同様で最初は抑え気味です。しかも、テンプレ脳の場合、3か月から半年で別れることが多いので、それもそこまで鍛錬できるわけではありません。

 

もう一つの理由は、相手の男性のセックスがどのようなものであっても、満足した振り、つまり、いった振りをするんですよね。それは彼に嫌われたくないからという気持ちもあるし、彼のプライドを傷つけないためにというのもあるでしょう。


やっているうちに上手くなることもあるだろうからと考えるわけですが、初々しい振りをしている女の子に激しいことができるわけでもなく、かといって、今のやり方でもそれなりに満足している振りをされていたら、男の子も自分の何が下手なのかわからないでしょう。女子からここが下手とは指摘できないからです。

 


で、逆に最初のセックスからめちゃくちゃ良かった。セックス大好き、テクニックも新しいプレイもどんどんチャレンジしていくよという女の子もいますが、遊びで付き合うにはwelcomeでしょうが、結婚しようとは思われないでしょう。思うような男性はほぼ100%浮気します。