スマートフォン解析

【Club】付き合うまでに上手くいかないパターンを回避する方法

利用規約など恋愛モンスター実践クラブ関連の記事には【Club】をつけておきますので、検索時利用してください。

 

東京も含めてその地域で一定人数たまらないとはじめないので、地方の方もお気軽に申し込んでください。だいたい30人くらいを考えています。
課金はその地域で30人ほどたまった時点でその方法を告知します。
自分は地方だけど、関西枠で参加したいなどある程度広い地域で指定してもらえると早めに始められるとは思います。

 

恋愛テンプレ脳でも、ガチガード娘。でもよくあるのが、
とりあえず、初回、飲みに行くなり、食事に行くなり、デートするまでは行くと。

 

でも、なんか結婚するイメージ湧かないから、いいやと、そこで切ったり、2,3回デートで切ったりするわけですよ。


何を求めているのかというと、
ドキドキするような恋愛感情(ランク高めで意外なギャップ感や偶然の出会いやつながり頻発付き)とか、
ハイスペック男子からの猛烈なプロポーズみたいなもの(要するに白馬の王子様)
ですね。

 

ドラマや漫画の見過ぎです。

 

前者はれんモスSを求めているわけですが、うまくいっても、彼女(セフレ)になってバイバイか、落ち着くまでかなり不安定です。


後者は、要は玉の輿狙い的なものですが、処女性の低い恋愛テンプレ脳はどんなに綺麗でも結婚する気にはならないし、ガチガード娘。も処女性が高くないと自分の魅力を出せていないのでやはりその気にはなりません。

 

で、まだはっきり相手のこともよく分からないからと数回デートしていると、「付き合ってくれ(俺のセフレになってくれ)」と言われて、そこでお断りか、付き合ってセックスしてはみたものの、いろいろ合わなくて別れるというパターンが恋愛テンプレ脳です。

 

若い恋愛テンプレ脳はドキドキ感だけ楽しめれば良いとか、セックス込みの恋人ごっこができればいいと割り切っていたりしますが、結果、自分の市場価値が落ちていることはうすうす自覚はしていても、それが長い人生の中でどれだけのロスかはあまり意識していません。

 

この二つの判断ポイントの欠点をオーバーハングするのが、恋愛モンスター実践クラブです。


恋愛感情はあったとしても、半年後にはほとんど消えています。一番のピークを100%としたら、せいぜい10%程度でしょう。それは結婚の判断材料にはならないのですよ。

 

50時間の先、100時間の先の世界を見てみてください。通常は、付き合うのかどうかとか、セックスするのかどうかとかの心理的駆け引きがありますが、そこをしないと決めた場合、どんな世界が見えるのかを体験してみてください。

 

特に相手が魅力的であればあるほど、恋愛感情とは別の世界が待っています。それをれんモスと表現するのは、それが、恋人とも、友達とも、親友とも違う関係性だからです。

 

また、ハイスペック男子が最初の10分で結婚を決断していなかった場合、それをくつがえすには、それなりの時間が必要です。

それを付き合って、セックスまでしてしまっていたら、もう結婚までして何を与えられるのかという問題もあるし、最初の10分で結婚を決断させるにはそれなりの処女性の高さが必要です。

 

恋愛モンスター実践クラブに結婚相手を求めるのは構わないのですが、いわゆる普通の結婚紹介所とか、出会い系と決定的に違うのは、はいすぐカップル成立とはならないことです。


なので、相手の見た目やスペックのそのさらに先を見つめて交流してください。


それに10分で魅了するにはそれなりの処女性の高さが求められます。


そのためには恋愛モンスターのレベルを上げる必要があるわけです。でも、恋愛モンスター実践クラブに入っていれば、それは自ずと効率よく上がっていきます。


ベストはれんモスGであり、れんモスGは第一印象が良くないのですよ。だから、くつがえせるパターンは基本的にそれに準拠します。ところが、そのためにもやはり処女であるか、処女性の高さは必要なんですよね。


で、処女性が高まった後、外部の人に10分間の出会いでトリガーをひけるようになるのです。処女性が十分高まっていれば、その後もうまく立ち回れるでしょう。

 

何より最高のパターンはれんモスGからのれんモスWなり、れんモスAなのですから、やっぱり時間がかかるのです。
ただそのパターンはまれなので、ほとんどがれんモスXですが、れんモスXになると、数年から10年ほどは必要になります。

 

大切なのは何か特別なことを期待しないことです。そして、誰一人分け隔て無く、相手のおもしろさを引き出す努力をすることです。


相手の日常におもしろさを見いだすことです。自分は好みじゃないような人ほど、これは面白そうだと感じます。自分が体験したことのない人の良さが体験できるからです。
それがレベルを上げるということなのですよ。

 

※この記事は【Q&A 27-3】の答えでもあります。