スマートフォン解析

【Q&A 36-6】 処女性においていかにプロっぽさを排除するか

今日はここです。

 

一般的には特定の相手がいればほかの男性とはデートしないのが求められることも多く、それゆえ逆に複数の男性と遊びたいから特定の男性を作らず遊んでいる女性もいますよね。そういった女性を見て、同性としては処女性の高さを全く感じないのですが、どうなんでしょうか。

 

恋愛モンスターの場合は、複数の男性と遊びたいからというより、自分自身を成長させて、より楽しい関係を、新しい関係を作っていくためなのですが、ここでいう処女性の高さが何なのかですよね。

 

処女性とは、言葉通りに解釈すると処女であることであり、非処女の場合は、限りなく処女に近い状態ということです。処女に近いというのは、セクトラ(セックストライアル)をどれだけ回避してきたかということでもあります。

 

デートはセクトラの第一歩なので、その頻度や相手の数が多いほど、かつセックスしなければしないほど処女性は上がるわけです。

 

逆に言うと、ワンナイトラブを繰り返していると、処女性は下がっていきます。

 

前も例を挙げましたが、非処女で処女性が高い例として、アイドルとか、高級クラブホステスとかあるわけです。

 

アイドルはともかく、クラブ嬢だと100人以上の客から同伴アフターのセクトラを受けて、かつ誰とも寝ないことがNo.1嬢への必須条件です。

 

たとえディスリを入れるにしても、誰にでも少しの可能性があると思わせないといけません。そこで出てくるのが、プロっぽさ問題です。


これは別にクラブ嬢に限りませんが、パブリックなところで、誰に対しても平等に接していると、この人はどこまで営業スタイルでやっているんだろう、本音はどうなんだろうという疑惑を相手に持たれることがあります。

 

 

恋愛モンスター同士だと割といいんですよ。どうせ長い時間をかける関係なので、多少の誤解はそのうち解けるという安心感があるからです。

 

 

molove.hatenablog.com

 


ところが、相手が恋愛テンプレ脳だとそうもいきません。

 

では、どうするかです。続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com