スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人の弱点を簡単確実に知る方法

一般的な話ですが、ほとんどの場合、自分の長所はあまり気づいていないことが多いです。


よほど飛びぬ得た才能があれば別ですが、平均よりちょっと上くらいの長所が問題で、何かにつまづいたり、逆に明示的に有利に働くことがないから気づかないのです。

 

一方、弱点は何かと障害になることが多いです。


つまり、良くも悪くもそれがコンプレックスになるわけです。

 

すると、それに対して、継続的にその人の中で評価軸が作られていきます。
自分と他人を比べて、あの人の方が上だとか、下だとか、上だけどあそこがダメだとか、ダメになりやすいとか、下だけどその分あそこがすごいとか、そういう評価軸です。

 

さて、タイトルの答えです。

 

すると、一言でいうと、その人が他人を評価していることはその人にとって弱点であったタイムポイントがあるということです。


ディスっている場合は、その弱点をもっていたけど、それなりに克服した後だったりすることも多いだろうし、
ほめている場合も同様です。

 

人は自分の弱点および弱点だったところにしか目がいかないのです。

 

 

恋愛モンスター的には、だからどうするということはありません。
こびもしなければ、攻めもしません。


ただそうなんだろうなと見ておけばいいです。


これが役に立つのは、その相手が攻撃的な言葉を投げかけてきた時です。


それはある意味、ディスリですが、その元々の意味合いを読み取れれば、恐れることも反撃する必要もありません。


なるほどねぇ、この人はこんなところに弱点があったんだぁと思っておけばいいです。
のれんに腕押し状態になって、心理的ポジションでマウントできるようになります。
それは恋愛でも同じですね。


こちらに選択権が生まれるわけです。