スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最悪なのは非処女のガチガード化 (ダブルロック状態)

非処女にもおおざっぱに3パターンあります。

 

基本は恋愛テンプレ脳です。


1) 最初から積極的にセックスをしていく子

 

2) あくまで恋愛の末に自然な流れでするが、若い頃は結婚は意識していなくてもいいという子

 

3) 結婚の可能性がある人としかしない子、ただし、テンプレ脳なので、たいてい失敗する


いずれの場合も、セックスまでしているのにその関係が長く続かないことが何度も繰り返されるので、徐々に自己評価が低くなってきます。

 

自分にも悪いところがあるから、長く続かなかったのだろうと考えるようになるわけです。


ところが、自分の何が悪いのかがわからないわけです。

 

そりゃそうです。大元の考え方が間違っているだけで、自分の身体的特徴や、人への接し方が悪いわけではないんですから。

 

さらには自分には悪い男を引き寄せる部分があると思い、付き合う人数が増えてくるに従って、それらを隠そうとしてしまうわけです。


結果、初対面の相手には本当の自分は隠そうとします。
結婚が最初の10分で決まってしまうというのに。

 


さらに25歳を過ぎ、アラサーになってくると、結婚する人としか付き合わないと考えるようになり、付き合う相手を厳選する構えに入ります。


つまり、ガチガード化です。

自分のことを隠しながら、白馬の王子様を待つというダブルロックです。


ただでさえ、30歳以上の高年収男子がほとんどいないというのに。


この真逆なのが、自分のことをさらけ出して、かつ、セックスもがんがんするタイプです。

まぁ、出会いの機会も増えるし、深い仲にもなれますが、普通の男性だと結婚はしないですよね。

 


どうせ結婚したら、自分のことはあけさらしなので、自分のことは隠さない。

誰が結婚相手になるかはわからないわけだから、よく知りもしないうちから厳選しない。

 

この2点ですね。大事なのは。