スマートフォン解析

【Q&A 58-15】 「付き合う」ことが何一つリスク回避になっていない件 その5 男にとっての女のリスク

今日はまとめです。一言ずつ書いていきます。

 

男にとっての女のリスク


家事をやらない
男が良物件であるほど、嘘をついてでもというインセンティブが働くので、むしろ、付き合っていない段階でどの程度家庭的か判断した方がbetterです。
あと大事なのは、問題解決能力と、問題を見つける能力ですね。
一緒に仕事をしたりするとその辺はわかりやすいです。こういったことは確実に家のことにおいて発揮されます。

 

料理がへた、もしくはやらない
これも付き合っていないときに周囲にどれだけ作った食べ物を配っているかでだいたい判断がつきますし、たとえヘタであっても問題はそれを改善する気力胆力があるかですから、困難に対してどのように立ち向かう姿勢を持っているかを客観的に判断することが望ましいです。

 

子供ができない体質
いずれにしても、調べる方向には話は持って行きにくいので、養子を取ることや、子供なしの人生も想定して、むしろ、二人の関係性にフォーカスしましょう。

 

浮気性
これこそ、付き合っていない段階でないと判断がつきません。一番隠そうとするファクターですから。
他の男とどの程度深い仲になるタイプなのか、付き合う前から見ておけば良いです。

 

ヒステリーがひどい
これは性分ですから、割とどうしようもありません。互いに処女性を高く保つしかないわけです。
あとはその原因をできるだけ排除するために付き合う前にこの人はこんなものという範囲を広げましょう。

 

体の相性
まぁ、体の体格などの制限はあるけれど、そもそも女性は生理周期の影響で膣内の状態も日々変わるので、そっちの方が変化の度合いは高いです。
また、半分はセックスレスになるわけだから、そうならないにはどうしたらいいかの方が大事ですね。

 

価値観の相違
これも男が良物件だと嘘をついて合わせるふりをするインセンティブが働くので、付き合う前に付き合わせた方がよい項目です。

 

家柄や家の事情での住む場所や職業の制約
これはケースバイケースです。別居しても上手くいくカップルもあるし、家の制限が強すぎる場合はだめなこともあるでしょう。でも、付き合う必要性はこれっぽっちもない項目ですよね。

 

病気がないか
これも同様。

 

浪費癖がないか
以前、妻の浪費癖がひどすぎて別れたという話がありましたが、これも付き合う前の素の状態での金遣いを見ていれば、自然とわかります。一緒に買い物に行ったときの買い方や、食材の買い方ですね。とくに自分のお金でものを買うときの姿勢が参考になります。

 

趣味がどこまで合うか
これは互いに徐々に変わっていくものなので、大事なのは相手にどれだけ合わせられるかです。
未知の体験に対して、どれだけ積極的に乗れる姿勢を見せられるかです。
その意味で付き合う前のつきあいの良さは割と重要なファクターです。

 

自分に対する理解と理解した上での態度
これはヒステリーと関係するところですね。
処女性が高ければ、こちらのことは十分理解しようと努力してくれるので、互いの処女性の高さでしょう。
で、処女性が高いもの同士はひきあう性質があるので、要は自分自身の処女性が高ければ、自ずとそういう女性と出会えるようになります。