スマートフォン解析

【Q&A 62-4】 浮気発覚時の対処法

ほとんどの場合、相手の女性が結婚している場合、向こうの夫には秘密にしていることが多く、今回のように秘密のままにしたい場合がほとんどです。

 

本来なら、浮気をしていた二人がそれぞれ、相手の配偶者と自分の配偶者に慰謝料を払わないといけないわけです。仮に同じ額を払って、両方とも離婚しなかった場合、それぞれの家計単位でみれば、とんとんなわけですが、相手の旦那さんには知られたくないとなるとそのバランスが崩れます。

つまり、
浮気夫A その妻B

浮気妻C その夫D

とした場合、慰謝料は家計ごとに貰う金額をまとめると、下記のようになります。とりあえず、やや高いですが慰謝料を100万とします。

A家 AからBへ100万、CからBへ100万

D家 AからDへ100万、CからDへ100万


このようにでどころがA家、D家でそれぞれ200万で、貰うのも200万なんです。
浮気された方が好きに使って良いとしても、実際は同じ家計なので、そんなに自由には使えません。結局、200万損しているわけですから。

 

ところが、実際はDにはばれたくないという状況が多いです。すると、

A家 AからBへ100万、CからBへ100万

D家 なし

なります。A家の支出は100万、収入は200万、D家の支出は100万、収入0で損益100万です。

 

これだけだと、人妻と浮気した方が、儲かるみたいな話になってしまいますが、実際は支払い能力が関係してくるので、支払う金額が変わってくるんですね。

 

単純に年収に比例するとします。Aが400万、Cがパートさんで100万とすると、仮に100万の設定でも、100万と25万になります。すると、

A家 AからBへ100万、CからBへ25万

D家 AからDへ100万、CからDへ25万

A家の支出は200万、収入は125万、D家は支出50万、収入125万となり、逆転します。

 

Dにばれたくない場合は

A家 AからBへ100万、CからBへ25万

D家 なし

A家の支出は100万、収入は125万、D家は支出25万、収入なしとなり、夫にばれたくない弱みがある分、D家が25万の損です。

 


ところが、今回の場合だと、Aが会社上司みたいな立場なんですよね。Cが仕事上都合が良さそうだからと言った場合、Aがそこにつけ込んだような形と見なされると慰謝料の上乗せとC側の慰謝料軽減が生じうるわけです。

 

さらに弁護士に頼むと弁護士費用も上乗せされます。20万って良い数字ですよね。実際の慰謝料の相場はおそらく50万程度ですから、お金が全部動いたとして、それぞれから10%引いているわけです。


あと別のパターンとして、Cの収入が良い場合があります。たとえば、女医さんで1200万とかだった場合です。400万の人と浮気はしないでしょうがMRさんで600万とかはありえます。すると、慰謝料が200万と100万になって、

A家 AからBへ100万、CからBへ200万

D家 AからDへ100万、CからDへ200万

A家の支出は200万、収入は300万、D家は支出400万、収入300万となり、D家が100万損。夫にばれないようにしても損額は同じです。

つまり、収入のある既婚女性の浮気はそれだけリスクがあるわけです。

 


さて、とはいえ、基本的に慰謝料とかは払いたくないわけです。
Cさんのリスクは夫にはばれたくないこと。Aさんのリスクは社会的信用がなくなり、出世にひびくこと。
慰謝料や弁護士代も含めて、高すぎるとそういう反撃がありえるので、結果的に生涯収入が減って損する可能性も考えておかないといけません。

 

あとCさんが独身の場合、全く連絡がつかなくなることもあります。特に遊びのセックスだとその傾向は強いでしょう。


落としどころとしては、証拠だけ集めておいて、次会ったら、弁護士を立てるといって、もう会わないという誓約書を書かせる程度でしょうね。

慰謝料を払わない代わりに、旦那と会ったら払うという誓約書にサインをさせるわけです。