スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Club】【Q&A 70-10】 付き合わなくて後悔することがありえるのか?

ほぼ同じ年齢の女子大生の子から以下のようなコメントをもらったので、紹介しておきます。

 

こんにちは。突然失礼します。
いつもブログ拝見させてもらってます。

好きな人とれんもすWくらいの関係になれたので報告させてください。

最近の話題にもなっていたように、私も当初はセックスしなければつきあってもいいかな…

という考えもあって迷っていたのですが、告白されないようになんとか逃げ続けて(笑)


気づいた頃には付き合うというかたちなんてとらなくてもお互いに通じ合って、思い合える
居心地のいい関係になれていました。

このブログの言葉どおりに行動していて本当に良かったです。


相手を理解することは、やはり一筋縄ではいかないもので、
ここまでなるまでにはかなり苦労しました。

もし下手をして途中で付き合っていたなら、喧嘩して早々に別れて
疎遠になってしまっていただろうなぁと実感しています。笑


相手に対して怒った時、落胆した時、
「キスもしてないし、何も失ってなくてよかった」と思ってほっとしました。


本当に付き合わなくてよかったです。


付き合うことから逃げ続けてどうなるのだろうか…という不安もあったのですが、
相手は相手の友達に私との関係を聞かれて、
「好きだけど付き合わない」と言っていたようです。


まさかここの読者でもないだろうのに私の気持ちを理解してくれていました。
驚くとともにとても嬉しかったです。

ここのブログを信じて行動してきて本当に良かったです。

ありがとうございました!!

 


あと先日の男性のコメントで、「もし、死んでしまったら」というのがありましたが、パターンとしては次の四つが考えられます。

 

付き合わずに死んでしまった場合。

付き合って死んでしまった場合。

付き合って、死ななかった場合。

付き合わずに死ななかった場合。

まず、死ぬ確率はかなり低いので、

付き合わずに、音信不通になってしまった場合

くらいを追加しておきましょう。

付き合って、死んでしまった場合ですが、別れた後なら、「あぁ、死んでしまったか」ということで、そこで、あのとき、付き合っていて、セックスしていて良かったとは考えないし、感じないでしょう。普通に悲しいくらいで、付き合っといて良かったなんて風には考えられないと思います。

どちらが死んだとしてもね。


また、別れていないときに死なれるとこれはこれで、残った方が結構辛い状況になります。

要するに、もう死んだ人を越える人が現れないからです。

結婚して、子供ができて、赤ん坊のうちに旦那が死んだという人を知っていますが、そこで人生がロックされちゃうんですよね。

これ、死んだ方としては結構つらいというか、嫌ですよ。

 

付き合わずに死んでしまった場合は確率的に相当低いのと、付き合っている途中に死んで、相手の心をロックしてしまうことを考えると付き合わない方がいいし、別れる場合は、付き合って死ななかった場合です。

また、れんモスになって、ベイビーが育った状態で死んだのなら、それは相手にとって、ものすごい力となって彼や彼女を支える力になり得ます。

相手の分も生きようと考えられるからです。

だって、相手と十分理解し合えているということは、自分の心の中に彼女や彼がいるということですからね。

ということは、自分が生きている間は相手も生き続けられるんですよ。

こんなすてきなことはないでしょう。一人で二人分生きられるんです。

 

付き合って、死ななかった場合というのは、いわゆる彼女や彼氏というセフレになって、別れた場合ですね。

未練があってもなくても、まぁ、醜い関係ですよね。

男性側にセックスできた満足感は残りますが。れんモスのような幸福感は残りません。

 


付き合わずに死ななかった場合。

付き合うか付き合わないかでしか、考えられない人はただの他人と同じ状態で終わるのでしょうが、処女性がお互い高ければ、れんモスとして末永く付き合うことが可能です。

どんなに会っていなくても、どんなに離れていても、いつだって、連続した時間のように仲良くいられるので、そこには幸福感しかありません。しかも、テンプレの彼氏や彼女と違って、複数の異性と同時進行できて、誰からもそれをとがめられません。


最後に付き合わずに、音信不通になってしまった場合ですが、男にとってはミッションが終わってない相手ですから、基本的にこれはあり得ません。

そこで終わるようなら、大して好きでもなかったということです。


さて、20代前半の男性心理についてもう少し考えてみましょう。

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com