スマートフォン解析

【Club】実はブルーオーシャンである女子にとっての恋愛市場

世の中の男性は、6割から7割くらいの非モテ地蔵と、3割のフツ面恋愛テンプレ脳と、5%のヤリチンに分かれていて、女子の7割くらいの半分くらいがたった5%のヤリチンの餌食になっているわけですが、なんでこんなことになっているかを考えてみましょう。割合は地域によって変わってきますが、まぁ、だいたいそんなものです。

 

田舎だともう少し保守的な子が増えそうですが、フツ面恋愛テンプレ脳とヤリチンの間の結婚のことをほとんど考えていない恋愛テンプレ脳男子とおきかえれば、しっくりくると思います。

 

そして、その対策についても考えていきましょう。

 

 

男性の愛情のピークはプレセックスピリオドでした。

 

さらに昨日の最後の引用からわかるように、付き合ってセックスしたところで、もしくは、付き合わずにセックスしたところで男性の心を奪うことはできないわけです。

つまり、恋愛テンプレ脳の恋愛戦術には結婚のことを考えると、全く合理性がないわけです。

 

では、逆にセックスの快楽を得るという意味で機能しているかというと、結婚ありと思える男子の誘いしか乗らないわけですから、セックスが上手かったり、体の相性がよい男性に出会える確率も低いままです。

 

それを目的とするなら、性病や結婚できないリスクをとって、ヤリマンになるなり、風俗で働くことが合理的なわけです。


結局、自分の自己評価や市場価値を下げながら、恋愛している雰囲気を楽しんでいるに過ぎず、しかも、それだったら、恋愛モンスターの方が何十倍も楽しく、かつ永遠に続く楽しさを得られるわけです。


さて、タイトルの話に戻って、続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com