スマートフォン解析

【Q&A 79-10】女性が老ける原因

今日がシリーズ最後ですね。

 

それと、相手が浮気しているとして、そのぶん相手と一緒にいる時間や、相手が自分に使ってくれる時間は減ると思います。

その間に、例えば自分の恋愛対象となるような新しい人が居なかったりすると、女性は老け込みやすくなると、聞いたことがあります。他にれんモスがいれば、そういう人と会う方が、同性の友達と遊んだりするよりも楽しく過ごせるし、やはりれんモスを作って行くことが大切なのかなと思っています。このような理解で良いのでしょうか?

 

老けるというのは、基本的には活性酸素でゲノムDNAにダメージが増えて、一部の細胞が正常に増殖できない状態になることです。

 

たとえば、皮膚でいうと、いわゆるあかの構成因子である角層の下に表皮という層がありますが、その構造で細胞が増えているのは基本的に一番下の層になります。

 

年齢を重ねると、先ほどの増殖できない細胞が増えてきて、その増殖スピードが遅くなります。すると、最初はでこぼこスポンジを裏返したような構造でどんな力にも力強く反射する力で加わった力に沿って肌が凹んでいるのが、年齢を重ねるとシワが増えるようになります。加わった力を逃がす構造がなくなって、それがそのままシワになるわけです。

 

老人の肌がつるつるてかてかに見えるのも、そのスポンジ構造がなくなって平たい構造になっているため、光の反射が一定方向に揃うのでテカって見えるわけです。

 

同じように髪の毛も毛根にある増殖する細胞の比率が減って、毛が生えてこなくなったり、メラニンを取り込ませる役割の細胞がいなくなって、白髪になったりするわけです。


つまり、老けるとは細胞増殖スピードが必要最低限保たれなくなる状態です。


また、精神的ストレスなどで、はげたり、白髪になったり、生理が止まったりすることがあります。精神的ストレスは脳内で感じているはずで、肌とか女性器は関係ないんじゃないのかと思う人もいるかと思いますが、最近の研究では精神的ストレスで、脾臓の免疫幹細胞や骨髄の細胞の増殖に影響を与えることがわかっていますし、さらには動物実験では、親がうつ病だと子供もうつ病になりやすいといったデータもあります。

 

つまり、精神状態というのも全身のストレス感受性に深く関与しているわけです。

 

そのほかにも、たばこ、お酒、甘いもの、睡眠不足、不安的な睡眠周期、質の悪い油、時間の経った油もの、牛肉、食べ過ぎ、化粧も酸化ストレスを増やす原因です。

 

とくにお酒とたばこのダブルパンチは年齢を重ねるごとに老けるスピードを上げていきます。29歳くらいで、30代後半、もしくは40代くらいの肌になっている人もいますからね。

 

さて、そういったことを考えると、絶対に裏切られることなく、永遠に信頼できるれんモスというのは、確かに精神的には1番力になる存在だし、その数が多ければ多いほどよいというのも分かると思います。