スマートフォン解析

【Q&A 81-2】セックスすることは考えなくていい

今日はここです。

セックスしない事前提なので
色んな男性と付き合う事は出来ますが
しょっちゅうセックスしなければならない事を考えると
どうしても結婚相手には
容姿も求めてしまいそうです。

 

で、それに対して

今日の、りーさんの相談の投稿にすごく共感します。いくら自分によくしてくる男性でも、キスはできないなと感じる事のほうが多いです。

容姿がいいとか悪いとかじゃなく、この人とならセックスできるかもという感じがする人がたまにいます、しかし近づいたら匂いが不快だったりすると、やはり無理だなと思います。つまり男性とは反対で、女性にとってキスができる男性はほとんどいないと思います。

しかも、その人たちの恋愛対象に自分が入る可能性もあるのか分からないし。なので、付き合うとか結婚するという関係は、ほとんどの女性は相手の男性に触られるのを多少は我慢しているのではないかと思いますがそんなことは本人たちには絶対に聞けないので謎です。

 

既婚の方の意見だと

毎日でもしたいと思えるくらい、お互いが満足のいく性生活の実現というのは大変な労力と時間が必要ですよね。

お布団の中だけでちょいちょいと済むような話だったらどんなに楽か…慣れに従ってどんどん気持ちよくなくなっていったり虚しさの方が募ったり…れんモスがそうであるように、お互いが刺激しあって、常に成長していかないと良いセックスも継続できないということですよね。

レスになっていくのは普通だと思っていたし、夫から誘ってくることもなかったので、夫婦のセックスって大事だったんだなと今頃反省しています。


性的にムリ!と思う男性でも、ベイビーが育てばセックスできるようになるのかは私も気になる所ですね。ほぼれんモス止まりになりそうとは思うんですけれど。

 

 

既婚の方の意見が的を射ていますが、

確かに男性にとっては、相手が若ければ、まぁ、だいたいの相手がセックスの相手になり得ます。

 

それはそれだけ性欲が強いのもあるし、別名保存できるからというのもあります。

相手の数が増えるほど、オスとしての格が上がった感があるのでなおさらです(結婚相手としての市場価値は下がっている)。


一方、女性は上書き保存だし、自分を加護してくれる相手でないとやる気も起きないというのもあるし、最初の二人のようにやはり男性を見た目で選ぶんですね。これは動物にも共通するメスの習性で、クジャクやマウスでも認められます。

 

ただし、これはfirst contactの時の話です。
そこで求められているのはやはり、恋愛テンプレ脳的なショートタームのインスタントラブなんですよね。

 

その意味で、非処女は別に嫌がったりはしていないわけです。
二人目としようが、三人目としようがそれはどうでもよくて、それよりも恋愛している感の方が、女として市場価値があると錯覚できるからです(結婚相手としての市場価値はどんどん下がっていっている)。


夫婦のセックスのあるべき姿は、まずは最初のセックスの前にれんモスベイビーが育ちきっていることです。

 

相手のことを何でも理解して、受け入れている状態でないといけません。

 

さらには、互いに成長していく姿勢、それは生活や仕事だけでなく、セックスについても同じです。それらが全て連動して初めて全部上手くいくわけですね(ただし、それができている夫婦はほとんどいません)。


なので、最初の見た目で、セックスできるとかできないとか考えるのは全く意味がないわけです。その前にベイビーがどれだけ育っているかの方がよっぽど大事だし、育っていれば、自然にセックスできる相手と感じているからです。