スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

処女性を上げる方法 その19 心優しい態度を取れば取るほどモテなくなる法則

普通の女の子に多いのですが、共感している、共感している振りをする子がいます。

 

それは集団生活の中で、女社会の中で上手くやっていくために自然に身についている場合が多いです。

と同時に、ベースの考えが恋愛テンプレ脳であることも多いです。といっても、9割方が恋愛テンプレ脳なのでそれが多いというのも変ですが。

 


しかし、この女社会で上手くやっていくためというのがくせものでして、これって、要するに女社会のヒエラルキーがあるとしたら、トップの女王や正妻がいて、その下の妾衆か、女中軍団の中で事が荒立たないようにするための女の知恵的な部分があるわけです。

 

つまり、一番に選ばれない女の知恵であり、態度です。

 


他人のことをどんなに気遣ったって、それで相手が楽しくなるわけでも、助かるわけでもないんですよね。

 

それは、集団の生産性を上げることでしか得られないのです。

辛かったり、悲しかったりすることの要素が生活の中で、比較的重要ではない要素になるようにしてあげることでしか、気は楽にはならないのです。

 

気を遣って、共感しても、それはネガティブが気持ちがもう一つ増えただけです。何も生まれないのですよ。


この子といたら楽しい、何か新しいことが体験できそうというワクワク感は何かを作る態度でしか与えられないのです。

 

私は他の人と同じ、他の人がやっていることと同じことをします。同じように考えますでは、新しいものに対する期待も不安も生み出せないのです。

 

何もかも切り捨てて、「えっ、そっち行くの!?」っていう強い態度が人を惹きつけるんですよ。