スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛テンプレ脳のデスマーチロシアンルーレット

昨日の例はまさに恋愛テンプレ脳でしたが、先日、一緒に鍋をした知り合いの彼女がもろにはまっていたので紹介します。

こういう例はたぶんたくさんあるんですよね。


知り合ったのは彼が大学3年生です。ただし、医学部なので、卒業まであと3年。結婚できるチャンスはそのときか、研修医が終わった5年後です。

当時から彼女はすでに会社員で車も運転できていました。なので、週末になると、足繁く遠くから彼の家に(セックスするために)通っているわけです。

女の子の見た目の市場価値が高かった場合、その3年や5年が長すぎると感じて女の子の方から別れたりします。ただし、本当のS級美人だと男性が結婚を約束してキープする場合もあります。

で、Bクラスだと、それ以上の出会いがないので、この例のように通い詰めるわけです。

会社や関連会社の人から飲みに誘われたり、場合によってはホテルに誘われたりもしますが、私、彼氏いるからと断っています。

処女性はどんどん落ちているわけです。

さらに純粋な人と人の出会いを追い求めないので、人間としても成長せずにそのままです。


さて、では、彼の立場で考えてみましょう。

毎週毎週、セックスするために来てくれる便利な女の子です。

でかけるときもデートとして出かけられるし、見た目もきれいげな女の子(ロングにして、ちょっとひらひらの服着て、赤目の口紅つけて、まつげエンハかければ20代なら誰でもそこそこ美人には見える)なので、同世代の他のオスを威嚇するのにもちょうど良い感じです。

彼女(実質セフレ)としてはとても都合が良すぎるわけです。

しかし、結婚となると別です。実際、結婚しないの?と聞くと、「いやぁ、まだっすね」と答えます。4年以上付き合っているのに。


彼女としては、これだけ自分の20代を使ってビットしてきたのに今更捨てられたらたまったものじゃないわけですが、そもそも結婚する理由がないんですよね。

あるのは、長年付き合ってきた事実だけです。

これにビットする恋愛テンプレ脳が多いわけですが、そのためにはやっぱりこの女だと思わせないといけないわけです。

ほとんどの結婚しているカップルが知り合って1年以内に結婚していることを考えれば、相当ハイリスク案件なのです。

つまり、ロシアンルーレットの弾を抜く作業をしていかないといけないわけですが、実際にやっているのは、弾をこめる作業しかしていません。

 

それなら、彼女がそのうち、結婚を切り出して、結婚しそうと思うでしょ?

そしたら、男はこういうわけです。

「おれ、まだ一人前じゃないから結婚は考えられない」

まさに昨日のコメントそのものですよね。収入の問題じゃないんですよ。

そういわれたら、彼女は待つしかありません。


で、そのうち、彼は転勤するんですよね。他県に。

で、会えない期間が長くなって、あるとき、「ごめん、俺、結婚することになった、おまえには幸せになって欲しいから、いい男見つけろよ」

で、the endです。


では、彼女は何をするべきだったのでしょうか?
どうすれば、彼が早い段階でプロポーズしてくるのでしょうか?

ここの読者ならわかるはずです。