スマートフォン解析

【Club】【Challenge-12】バリキャリ女子の結婚対策は二つに分かれる

今日のキーワードは
「バリキャリ 婚期」
です。

まずはバリキャリですが、バリバリキャリア女子の意味のようです。

一言で言うと、稼げる女子ですよね。


地方で稼げる女子というと、一番多いのは女医さんです。10年も働けば、年収は1000万を越えるでしょう。
同じくらいか、それ以上稼げるのは総合職のキャリア女子ですが、地方ではほとんどいません。

年収を下げていくと、次に来る数が多い層は、夜勤をする看護師で400万くらいでしょうか。


一方、都会に出ると、もう少しその様子が変わってきて、テレビ局、広告代理店、誰もが知っている上場企業、業績が上がり続けている裏方企業など職種に少しバラエティーが出て来ます。
総合職だけでなく、専門職でも年収がよいものが混じってきます。


学生時代から狙ってなれる職業が女医

就職時に運が良ければ、つかめるのが上場企業の総合職、ただし、結婚や出産でやめたら、それっきりのことが多いです。

仕事の内容に専門性がでてくると、産休育休をとっても、同じ条件に復帰できる確率があがりますが、あまり狙ってなれるポジションでもありません。

 

バリキャリ女子にとって、一番の問題は、キャリア(年収and/orやりがい)をとるか、家庭を取るかという問題がふつうの結婚に加わるんですよね。

 

結婚相手に関しては、釣り合う男性が少ないのは確かですが、自身が仕事でいろんなひとと接しているので、自然と処女性は上がっており、意外とふつうの女子よりもれんモスを作る機会は多いですし、プロポーズや、結婚を前提に付き合ってくださいと言われる確率も高いです。

そこで迫られるのは、

A) 仕事も出来て、年収もそこそこある男性と結婚して家庭に完全に入るか、

B) 仕事をほそぼそとする線を残しながら、同じような男性と結婚するか、

C) 年収が中程度の男性と結婚して、キャリアをある程度残すか、

D) 主夫みたいな人と結婚して、自分のキャリアをほぼ残すか

といったところでしょう。

女医さんや看護師は、Bの線で出産子育てを乗り切って、ほぼ完全に復帰することも可能です。

あとは、どの程度の男性と結婚するかの問題だけが残ります。

専門性が高い場合も、ほぼ同じような経路をたどることができるでしょうが、それなりの知識と技術が必要です。営業職で圧倒的な営業力があれば、職業が変わっても同じように稼げることもあります。


なので、同じか似たような仕事に復帰できる場合は、ひとつは処女性を上げて、れんモスを増やして、しっかり50時間を稼いで、相手を選んでおけば、それなりにいい人生を送れるわけです。
婚期に関しては、特にこだわる必要もなくて、それよりもそういう相手をどれだけ育めるかの方が重要だし、そちらに集中も出来ます。


総合職などつぶしがきかない場合は、家庭を取るか、仕事を取るかの選択を迫られます。

家庭に入ってしまうと、離婚すると割とじり貧人生が待っているので、離婚しないような相手を選ばないといけないとか、家庭に入った後、その分、強気に出られないといったリスクがあります。
出ても良いのですが、かなり処女性の高い態度を取れていないと、リアルに離婚や浮気の危機にさらされます。


昔は総中流社会だったので、恋愛テンプレ脳で、自分の市場価値や自己評価が低くても、最低限の中流家庭は築けましたが、今の時代、そんな男はほとんどいないため、相手選びも重要になってきます。


さて、クラブでは、上記二つ、それぞれのパターンでやっておくべきこと、うまくいくための方法をそれぞれ挙げておきます。

続きはクラブで

 

 

molove.hatenablog.com