スマートフォン解析

【Club】【Q&A 111-5】 「賢い女は男を立てる」のメカニズム

続きです。

【婚活して思ったこと】
自分に自信がない時は(可愛いとかではなく自己肯定感ない)やっぱりロクな男が寄ってこないので、自信がない時は婚活するよりセミナーやカウンセリングに行くなりして、自己ケア(自分を一番好きになる)が大事だと思いました。

 

イケメンでも「生理的嫌悪感」を感じて無理だと思う人や、知的な会話ができない人はやっぱり論外だなと思いました。また、仕事をバリバリこなすタイプの方は独善的だったり主張がきつい方が多いので苦手でした。そういった点から、結婚相手は結局「自分の鏡」なんだなとつくづく実感。結婚しても「鏡」なので、成長ペースがあまりに違うとかみ合わなくなるんだと思います。

 

Bさんの良さ(私にあう)に気付くにはある程度の数の男性とデートしなければわからなかったと思いました。れんモスになるまで持続する方は残りませんでしたが、いろいろな男性とデートしたことは良い経験になりました。サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる

以上、ご報告まで。


【追伸】
ローラ ドイル, Laura Doyle, 中山 庸子『サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)』が面白くて、これを実践して夫婦生活がうまくいくならラッキー!と思ったのですがどうでしょうか。

----------------------------------------

元々ミントさんにある程度、魅力的な部分があったものと思いますが、結婚する人は選ぶものではなく、勝手に決まるもの、自分の意志を入れる余地がないものと腹をくくって、れんモス作りに専念するのが理想です。

 

レベルが上がれば、自信のなさとかは勝手に克服されますからね。


さて、最後の部分ですが、「賢い女は男を立てる」とは要するに、都合の良い女が選ばれて、都合の良すぎる女が捨てられるのことです。

 

この賢い女は男を立てるの心理メカニズムを説明してみます。

 

molove.hatenablog.com

 

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com