スマートフォン解析

【Q&A 138-2】非処女であることのメリットとデメリット(処女性を上げる方法 その21)

処女で処女性を高めるのって劣等感やらなんやらでかなり難易度が高いのではないでしょうか?

 

ズバリ言ってしまうと、私は非処女よアピールは、私は無料風俗嬢よと言っているのと同じなわけです。

 

じゃあ、なんで、それでも結婚につながっているかというと、非処女でも他にいい女がいないから、おまえがいいと相手の男に思わせているわけです。


他にいい女がいないには、いろんな意味合いがあって、ルックス重視だけなら、世の中、美男美女の夫婦ばっかりになるはずですが、どちらかというと貧乏人じゃないイケメンの嫁はお手伝いさんでしょうか?っていう女性が多いわけです。

 

処女か非処女かいえば、非処女の方が多いし、処女性もそこまで高くはありません。

であるにもかかわらず、彼女たちが嫁として選ばれているのは、嫁として求められる資質が別にルックスだけではないということですよね。

 

もちろん、非処女の方が良いということもありません。

家を守るとか、おふくろマインドセットが強くて、安心できるという部分が大きいわけですが、ここで、じゃあ、処女性の高さじゃ無いのかと思うのは早計です。


ナチュラルに処女性が高い女性は実はあまりいません。20人に一人くらいです。


そのほとんどが恋愛テンプレ脳なので、誰かと付き合ってしまいます。
元々の処女性の高さがここで裏目に出ます。

誰かと付き合ったら、他の人とはデートしないの法則が発動してしまい、男友達が増えていかないんですよね。

結果、市場価値が下がったままで取り返し出来ない状態が続くわけです。

イケメン男子の地味嫁は、処女性は高くないし、非処女かもしれませんが、まさに「かもしれない」の状態でよくわからないわけです。

要するに、処女で処女性が高ければ、一番最強なんですよ。

処女性という言葉には処女であることで相当下駄がはけるんです。

それはわかると思います。

で、質問はそんなこと可能なんでしょうか?ってことです。

 


その答えは、何のためにこのブログを読んでいるのかという話しです。

 

 

手っ取り早く処女性を上げる方法を書いておくと、

学生時代に質の高いガールズバーで働くことです。

それと、学校とかの行事もので積極的に活動に参加することです。