スマートフォン解析

【Club】【Q&A 138-3】いい会社の同期で結婚というパターンのメカニズム

追加情報です。

 

お互いそこそこいい大学・いい会社の同期で結婚というパターンです。ルックスは普通ですけど、ルックスで選ぶような人たちではないです。収入とかステータスとかも求めてるわけじゃないと思います。環境や育ち的に普通のコースを歩んでるというか・・・。 釣り合ってるというのは人間性や生活性を含めたトータルバランスです。


これはわかりやすいパターンですね。

まず、大学1年生の時に、クラスの中で自分に釣り合っていると思う相手や、もしくはサークルの中で自分と釣り合っていると思う相手と付き合います。


相手の男の子もまだ若いので、もっと遊びたいと思って、セックスした後に他の女の子にちょっかい出して別れることもあるし、卒業間際に方向性が違って、疎遠になって別れるパターンもあります。

 

いずれにしろ、同じ相手と結婚しても、得られるものは家事や育児など、めんどくさいことばかりで、かつ、恋愛テンプレ脳で成長していないので、とくに相手から得られるものがなさそうなので自然と別れるわけです。

 

で、会社に入ります。

会社に入ると今度はなかなか外の人と知り合う機会がありません。合コンの話しはちょくちょく来ますが、1回や2回飲んだくらいで結婚相手を決められるなら苦労しません。

 

その点、同じ会社の中だと頻回に合うのと、同じ会社だからこそ手を出しにくいというのもあって、50時間に似た効果が得られます。

 

知らないやつより知っているやつということで、結婚するわけです。まぁ、仕事の内容も知っているのでお互い協力しやすいというのもあるでしょう。

 

このパターンの落とし穴はそもそもそれだけ相手を選べる同期や未婚の若手が多い職場でないと無理ということです。

 


つまり、別に処女かどうか非処女かどうかというより、出会いの機会を多くしように沿っているのと、手を出しにくい同じ会社の中だからこそ50時間に近い効果が得られているだけですね。

 

molove.hatenablog.com

 

 

molove.hatenablog.com

 

 

この場合も、学生時代に付き合っていた相手のことを知られている場合はビハインドになるし、数人と付き合っていたとかの噂があればビハインドになります。

 

処女性が高い処女であれば、一番モテてているでしょう。間違いなく。

 

同じ大学から来ているとか、同じインカレから来ている男が同期にいて、かつ、そいつがあいつの大学時代の彼氏知ってるわぁとか飲み会で聞かされていたら、将来、出世争いをする相手に格下扱いを受けますから、選ばれるとしたら、それだけ魅力的である必要があります。で、その魅力的って何というと、結局、処女性になるわけです。

 

そのような確率を減らす意味でも、大学時代に安易にセックス込みの付き合いをしているとデメリットの方が大きくなるわけです。


この情報からえられるメリットをクラブで書いておきます。

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com