スマートフォン解析

なぜ、付き合うことが別れることなのか、その論理的理由

付き合うことには、女子側は結婚への漠然とした期待もありますが、若いときはとにかく付き合って恋愛テンプレ脳のカースト制度の中で少しでもランクを上にしたいという欲求もあるわけです。

恋愛モンスター的には実質逆ヒエラルキーなんですが。

そして、男性も女性も基本的には自分への専従を求めます。


男側にとっては、他の男とセックスするなということです。
それをされると、オスとしての格が落ちるのと、自分のものにしておきたいという独占欲が満たされないからです。

ゆえにアラブの国では浮気した相手を殺したりするわけです。単純なオスの欲求をやぶったからです。


女側は、相手の男が他の女に入れあげるということは、自分が捨てられる危険があるという不安感がつきまとうが故にときにヒステリーを起こします。


このように付き合うことと束縛することはセットなわけです。

知り合いの付き合ってるカップルの片割れが他の異性と仲良くしていると、彼氏や彼女に悪いだろうと諭す友人がいたりします。

それは恋愛テンプレ脳のまさにテンプレートが破られていることに対する不安ですよね。結局。

「付き合っている」という約束をしていないと相手を信じられないから、そういう発想に至るわけです。


じゃあ、恋愛モンスターが何故相手を信じられるかというと、絶対に他の異性とセックスしないからです。
そして、自分自身に対してセクトラしてこないからです。

 


そして、束縛される方が好きという人はいません。
人は成長するためには他人と関わっていかないといけません。
本来はそれを互いに持ち寄って、より感情的にも豊かな体験を共有し、幸福度が上がっていくべきなのです。

ところが、「付き合う」ことはそれを許しません。そういうルールだからです。

それを両立させるために「別れる」わけです。

付き合っては別れるを繰り返すことで、複数の他人と関わっていくことを実現しているのが恋愛テンプレ脳です。

ただし、それらは一つ一つはぶちきれの縦につながった関係である一方、恋愛モンスターは細くても横に並列していき、時間が経つほどにその太さが太くなっていく関係です。

時間が経てば経つほど、幸福度が上がり続けるのが恋愛モンスターなわけです。