スマートフォン解析

【Club】20代の「俺は成功してやる・している」談義は信用してはいけない

知り合いに海外からの代行輸入で月に50万くらい稼ぐことができるという大学生がいました。買いたい人が英語が出来ないから代わりにコミュニケーションを取って、利ざやは多くて80%とか言っていましたね。

 

でも、彼は結局、外資系の証券会社に入りましたけどね。海外に合わせるため午前3時くらいから午後7時くらいまでの仕事で、海外勤務もあるとのことです。初任給で60万超えるけれど、いつ首になるかもわからない業界です。


こういう金融系は動くお金が大きいわけです。何故かというと、本来、大元のお金を左から右に動かして、それらの事業が上手く行くようにするのが仕事だからです。

小売りでは400円とか、4000円とかの動きのお金が親会社に集まって、何億、何十億というお金を動かすのをサポートしているわけです。

こういう世界になれてしまうと、2000万くらい簡単に稼げると勘違いしちゃうんですね。
小売りには小売りの苦労と工夫と、それだけの経験が必要なのですが、それがないのに出来ちゃうと勘違いしちゃうわけです。

他にも、知り合いが信用をベースにお店をやって20代で成功していると自分にも出来ると勘違いしちゃうわけです。


こういう勘違いをしないためにどう考えないといけないか説明してみます。

続きはクラブで。