スマートフォン解析

嫁さんには綺麗でいてもらいたいという男の心理

綺麗な人と結婚したいというのは男性なら漠然と誰もが子供の頃から思っていることです。

 

女性のイケメンが好きとも少し似ていますが、その意味合いは少し違います。

男性側から見ると、イケメンは割とイケメンとしてある一定の枠にごっそりはまるイメージですが、女性の綺麗な人なら何でもいいのかというと、それは人によって違うわけです。

実は、女性側でもイケメンといっても、こっちのイケメンよりこっちの方がいいというのはあるのですが、それは男性には見えないわけです。何が違うの?といった感じです。

 

同様に、女性から見て、同じようなくくりにはいる綺麗な人も男性には人によって、その綺麗度や可愛さ度が違うわけです。


さて、とはいえ、ここでいう嫁さんには綺麗でいてもらいたいの綺麗は、女性が捉えている綺麗とほぼ同義です。

誰から見ても綺麗くらいなら何でも良いという意味での綺麗です。

そして、その根本は、オスとしての「格」争いでの相手を威嚇するためのツールとしての意味合いが一番強いわけです。

 

というのは、愛する、一生、愛し抜くという覚悟をもつときに心配するべきことはそこじゃないからです。

molove.hatenablog.com

 


相手の内面をみて、その内面と、相手に理解して貰って相手の中に自分がいることの安心感が自分の一番の力になると感じるときが結婚するべき時ですから、何があっても守り抜くという気持ちがファーストであり、綺麗でいて欲しいというのはオプションでしかないわけです。

 

実際に生活する上で、何も言わずに買ってあげる程度のものでいいわけです。

 


にもかかわらず、奥さんには綺麗でいて欲しいというのは、オスとしての「格」において、少し後ろめたいところがある裏返しなんですね。

 

つまり、オスとして格下であると何らかのポイントで感じているわけです。

 

なので、それがどこかはすぐにはわかりませんが、そういう部分をサポートしてあげるといいんでしょう。
そこは決して劣っているわけじゃないよと教えてあげるわけです。