スマートフォン解析

田舎ほど恋愛テンプレ脳率は高い

ビジネスにおいてアニマルスピリッツを持って、新しいことにチャレンジしている人はやはり都会の方が多いわけです。

 

それはB to Cの対面商売の場合、個客との遭遇機会が圧倒的に都会の方にチャンスがあるからです。

 

田舎はむしろ、車で来られる似たような大きなモールにビジネスが集中しています。

成功例から、入っている店もほとんどどこも同じです。まさにテンプレートそのものであり、コピペタウンの完成です。


すると、仕事のバリエーションも限られてきて、なんでそんな仕事しているの?という変なビジネスや変な生き方もほとんどないわけです。

 

結果、恋愛においても、ドラマやマンガの影響と、男性にとっても性欲を満たすこと以上のゴールがないので、とにかく一人と付き合う、束縛し合うという恋愛テンプレ脳的な付き合い方しか出来なくなるわけです。

 

もちろん、都会よりは結婚を意識することが多いです。それは、村社会で一度誰かと付き合ってしまうと、もう相手がいなくなりリスクが都会よりも高いこと。

 

男性にとっても、出会いの機会が少ないので、自分自身の評判の維持も含めて、複数の女性を渡り歩くリスクが高いからです。

 

都会だったら、私は結婚せずに一人で生きていくと覚悟を決めている女性もいますから、そこでもバリエーションが出て来ます。

 

逆にリアルにセフレ的な生き方の許容範囲も大きいです。人の人数が多いので、結果、他人に対して、無関心というか、把握しきれないからです。

恋愛工学が「この東京の街は、僕たちのでっかいソープランドみたいなもんですね」というのも相関しています。

 


田舎では結果的に恋愛体験の機会が少なくなるので、勢い不倫もちょこちょこ出てくるわけです。

 

都会だと誰にも見つからないので、恋愛モンスター的な付き合い方も出来ますが、田舎だとすぐ誰かに目撃されるので、結局、隠れてセックスするという形でしか婚外交渉が持てません。


不倫の率は都会も田舎も変わらないというか、セフレと割り切った金持ちとの関係がある分、都会の方が多いのですが、男女の関係の多様性という意味で田舎は制限があるわけです。


結果的に、田舎の女性は彼氏以外とはデートしないという戦略をとりがちです。

 


でも、収入が良いまともな仕事をしている男性の数も少ないですから、可愛い子は都会に出て行きます。

しかし、東京にいくと、今度は多様性故に、遊ばれて捨てられるリスクもあがるわけです。外れの男性の数も比例して増えていきます。
結果、AVに流れていく子も増えるわけです。

 

 

さて、田舎で自分の恋愛市場における価値を上げるにはどうしたらいいでしょうか?


恋愛テンプレ脳的につきあっていると、基本、見た目に依存した上から順番にくっついていくゲームがあるだけです。

 

折り合いが悪くて、こじれて別れることもありますが、結果的にそれはより下のランクの男性と結婚せざるを得なくなるだけです。

 

自分自身の市場価値を上げるという意味では、自分は絶対に婚前交渉はしないという評判を確立することです。

 

田舎だと、逆にその情報は一気に広がるので、処女性の高い態度を取っていれば、自分にもワンチャンスあるかもと思って、男性がよってくるので出会いの機会を最大化できます。


田舎こそ、恋愛モンスターを実践していないと、結婚相手のランクは下がることはあっても上がりはしないわけです。