スマートフォン解析

【男性向け】 溶け合う感じは非処女の方が早い

これは恋愛テンプレ脳でも、恋愛モンスターでも基本同じなわけですが、その意味合いは二つで少し違います。

 

恋愛テンプレ脳は処女をできるだけ早く捨てたいと考えることが多いです。

 

それは互いに好きになって、もしくはなりそうで、デートして、付き合って、キスをして、セックスをしてというテンプレートにスムーズに乗れるようになりたいからですが、それが結果的に自分の人生にどんな影響を与えるかはマンガでも、小説でも、ドラマでも、映画でも描かれないので、想像も出来ないわけです。

 

表現されるのは、そのなれの果てであるたらればアラサー女子の悲哀だけですが、それまでに結婚している人もいるので、そういう人たちがヘタを打った負け組であり、あぁはなりたくないと思いつつ、同じ轍を踏んでいるわけです。

 

そのなれの果ての中間地点、3人くらいと付き合った後くらいの20代中期前半がまさにセックスゲームをしている時期であり、いろんな失敗を繰り返すわけですが、男側から見ると、ある意味、一番リスクが少なく、やりやすい相手となるわけです。これがタイトルの状態です。

 

20代後半になると、男性不信になっていき、30歳を越えると半場諦めの気持ちから自虐的にたられば女子となっていくわけです。

 


一方、恋愛モンスターの場合です。

溶け合う感じというのは要するに相手の中に自分が出来てきて、自分の中に相手ができてくるというれんモスベイビーが育つ感じで、要は理解し合えるに近い感じです。


ゴールはセックスすることではないのですが、そっちではなくて、こっちですよという道筋が二つしかないので、ある意味、非処女の方がやりやすいわけです。

 

しかし、落ち武者テンプレなど相手によってはそのままセックスできそうな雰囲気になるので、男としては少し葛藤がある場合もありますが、突き抜けた体験をしていれば、そっちの方が明るい感じがして普通にそちらに向かえます。

 

一方、処女の場合、あらぬ方向にいきがちで、それ、恋愛テンプレ脳的に地雷発言だからとか、自爆発言だからとかが出て来たりしますが、それはそれで天然記念物を見ているかのような新鮮さがあって楽しかったりします。