スマートフォン解析

そもそもモテる男の数は少ない

モテる男の基準はビジュアルなんですが、それに加えて、モテマインドセットというのが非常に効いてきます。

 

自信喪失しているイケメンのモテ度は下がっているし、フツメンでもモテマインドセットを獲得していれば魅力的に見えたりします。

 


もし、ビジュアルだけが基準なら、モテる男とモテる女の数は正規分布にのっとってだいたい同じくらいになるはずです。

ここに個人の好みのフィルターがすこしかかって、モテる男と女の裾野は少し広がります。


女の場合、ここに社会的な市場価値による調整が入ります。セックスした相手の数が多いほど、結婚相手の候補は減っていくので、その意味でのモテ度は下がるのですが、セックスの相手としてのモテ度には影響しないので、一次的なモテ度には関係ありません。


一方、男性の方です。こちらも若いうちには、結婚できる甲斐性とかはそこまで問われないのでそこでは同じなのですが、結婚適齢期に入ってくると、経済的な甲斐性が求められてきます。
逆に言うと、金さえ持っていれば、少しモテ度が上がるのでいいのですが、ビジュアル的にはブサ面寄りになってきます。


それに加えて、浮気しないとか、恋愛モンスターであるとか、ギャンブルしないとかの条件を加えると、ごっそり減ってしまうわけです。

女性の場合は20代であれば、若さ自体が武器になるので、モテ度的には減るというより増える要素になります。


つまり、そもそも複数のメスを抱えるオスのボスザルができやすい社会構造になっているわけです。

 

で、オスとしてはそういうボスザルを目指すわけですが、ほとんどのオスが無料風俗嬢を複数抱える恋愛工学的なアプローチを取りがちで、本当の意味でのボスザルポジションは実はすっぽりと空いているんですよね。それを意識して狙うと狙わないでは全然違う世界となるわけです。

 

一方、メスとしては、そういうボスザルを射止めようとしてもそもそも社会にはほとんどいないわけですし、いても結婚する事は難しいわけです。

 

ということは、複数のボスザルから大切にされるポジションをキープして、自分自身の市場価値を上げて、良い意味で適当な相手を待つのが理想的になるんですよね。

 

昨日の話のようにこっちが結婚したいとか思っても何とかなることはないわけです。

でも、その確度をあげるのは、自分自身の魅力(処女性)と結婚した後の安定性の予測(おふくろマインドセット)を向上させるしかないわけです。

 

molove.hatenablog.com

molove.hatenablog.com