スマートフォン解析

【Club】 【男性向け】【Q&A 189-1】れんモスをつくろうとすることと、恋人をつくろうとすること、何が違うのか?

 

ぐるちゃの中での話です。

------------------------------------

れんモスをつくろうとすることと、恋人をつくろうとすること、何が違うんだろうね?

------------------------------------
れんもすはお互いに自分らしくいられる状態を目指す、恋人は相手に自分の願いを叶えてもらうおままごとってイメージがあります(笑)
それ故に、恋人には相手への理想がある(毎日連絡してほしい、いちゃいちゃしたいとか)依存した状態だけれど、れんモスは特に目的もないから楽しければオッケー!と自立してる状態って感じですかね??

れんモスをつくろうとすることと、恋人をつくろうとすることは、同じ事だと思います。
こうすれば幸せになれる“と思い込んでいる”ことを実践しているにすぎないからです。

見落としている方に一応言っておきますが、れんモスを“つくる”ことと、恋人を“つくる”ことは、違います。
------------------------------------

若いころは結婚相手を作りたいという欲求があるわけですが、そもそも結婚できるステータスになってないと男も女も結婚はできません。

 

しかし、その前に結婚相手の候補をキープしておかないと持ってかれるかもという不安があるわけです。

これも若いころに恋人を作ろうとする理由の一つでしょう。


問題は若いころはとりあえず、セックスの相手をキープしたいと考えるイケメンが多数いること。

若いころはドラマや映画のような恋愛をして、結婚は別口と考えている見た目が可愛い女がいることです。


どちらも結婚相手としての市場価値は落ちているのですが、見た目がよいものだから、この二つのグループによって恋愛市場が荒らされているわけです。

 

実際に一番求められているのは、結婚するまで私のことを待ち望んでくれているイケメンと自分と結婚するまで純潔を守ってくれる美少女なのですが、それはさらにレアになります。


恋愛モンスターを実践すると、その見た目以外のレア条件をクリアできるわけです。

さらにそれを補うためにモテ要素を加えます。つまり、れんモスが多いということはモテてているように見えるからです。

 

見た目のモテ度は時代や国によって違うので、見た目のモテ度を自分で定義しなおしているようなものなのです。

 

これが恋愛モンスターの考え方の骨格です。

 

では、上記の議論についてクラブで考えてみましょう。

 

続きはクラブで。

 

molove.hatenablog.com