スマートフォン解析

【Q&A 197-3】 彼氏や彼女に対する要望は押しつけなのか

ぐるちゃの方でかなり意見が出ていたのでそれらをまとめていきます。

一応、時系列で書いていきます。

 

--------------------------------

付き合い始めの頃は、相手の素性が良く解っていないので、自分の理想と期待をいくらでもブッ込んで陶酔することが可能である…というところが一つの要因でしょうか?

--------------------------------
最初の頃にお互い思いやりを持って向かい合ってなかったからこその結果ですよね。前提がまず間違えてる……

--------------------------------
彼女は被害者意識悲劇のヒロイン丸出しですけど、彼の「要望」っていうのが、例えば「髪伸ばしたらもっと可愛いだろうなー」とか「高速くらい運転できるようになりなよ(笑)」とかそういう軽めの感じだった可能性はあるなと感じました。

それをあとから思い返して要求が激しかった!精神的に支配されてた!みたいな誇張表現になってるのかなって。別れたっていう事実と自分の感情の整合性を取るためかなと推測します。

まあ、そういう軽めの「要望」をディスりとかネタとしてじゃなくて、割と本気で(表現は柔らかいとしても)言ってる感じは、彼も彼女のことを所有物としか思ってなかった感じは見受けられますけど!


--------------------------------
復縁は時間の無駄ですね
心が弱ってる時に優しくされたから5割増しでよく見えるだけで、揚げ物やれなんて逆にお前が揚げろよ!としか思えない。

その要望を飲んでほしいvs飲めないで喧嘩別れになったのだから復縁してもまた同じことの繰り返しにしかならないでしょう

失ったものは大きく見えがちですし、復縁を望む気持ちもお察し致しますが、何か食べたいのある?今日は僕が作るね、って言ってくれそうな人をハントする方が100倍有意義だと思います

--------------------------------


彼女のこと、自分でカスタマイズできる人形か何かみたいな扱いだなと感じました。

2ヶ月を境に何があったんでしょう🤭
(体の関係はどのタイミングで入ってきてるのか…)

要望を次々と突きつけるのは、そうしないと彼女のことを受け入れられないって言う気持ちからでしょうか…

とはいえ、そこまですごい要求な感じもしないですが(第三者的には)

もっともっと、俺にフルコミットしてよ!
みたいな?
2年ぶりの彼ってことは、元カレ(セフレ)が少なくとも1人はいるんですよね。そこも、彼にはバレてる?

れんモスでいう、押し引きのバランスが全然取れていない。

彼にしろ(彼女にしろ?)、あるがままの相手を愛するには程遠い、未熟な段階でお付き合い(セフレ生活)がスタートしたのかな。

うーん、この彼女の立場、身に覚えがあります。彼側からの要望がキツかった…その裏には元カレとの歴史、れんモス的プラトニック関係が長く続いていた男の子への不安、不満、嫉妬、束縛、彼の男としての立場のなさ、

俺って一体、何番目なんだよ!

があったのではと、、10年経って思います。


--------------------------------

彼氏の独占欲(相手をモノ扱いする生き方)が要因

--------------------------------

ここでいったん区切ってまとめてみます。

彼氏や彼女にこうして欲しいというのは、まぁ、普通にあると思います。

でも、友達には、よぼど迷惑な何かじゃないとそれはないと思います。


もしくは、こうした方がもっと魅力的になるのにという文句じゃなくて、アドバイスならあるでしょうか。

それならありえますね。

そこで止まっていれば、けんかにはならないはずです。

でも、そこで不機嫌になったり、怒ったり、ヒステリーをおこすからけんかになるわけです。

この問題は、たとえ結婚したとしても絶対に避けられないんですよね。

人は月日とともに必ず変わっていくからです。


つまり、こういう人であって欲しいという気持ちは必ず破られるんですよね。


では、どこに線引きをするのか。


それは相手が友人や家族であった場合でも言った方がよいこと。

その方が相手にとって得になることを、その得になる案件とともにいうだけです。

でも、決してこうした方がいいという言い方ではありません。

こうすると、こんな風にまわりから思ってもらえるんだけどね。それをわかった上であなたがどちらを選ぶかはあなたの自由ですよという形です。


他にも、音楽フェスに行ってくれるなというのは単なる独占欲ですよね。

でも、そんなに好きなら行ってきて楽しんできなよ、自分はそこまで楽しめそうもない(ただし、一度は挑戦すること)から止めとくけど。

 

と言われたら、私のことを受け入れて貰ってると思えて、逆に大事に思って貰えるでしょう。まさに独占できているんですよ。