スマートフォン解析

怒るとは世の中が自分の思い通りになると期待している【傲慢x無知 】な態度 (怒りに対する対処法)

学生の時に部活の仕事が忙しくてアップアップになったとき以来、怒ったことはたぶんないのですが、怒った人はたまに見かけるわけです。

 

怒るとか、ヒステリーに関してはいくつか書いているのでほとんどかぶるのですが、どう対処するべきなのかについて考えてみましょう。

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com

 

molove.hatenablog.com

 


怒るというのは、要するに自分の期待や理想、予想と違う結果に対して、納得いかないという自己表現ですよね。

 

そこに自分が正しくて、おまえが間違っているという態度を載せるわけですが、実際は自分が悪いと深層心理で感じているから怒るわけです。

 

本来、そういう事態になるのを予防していなかった自分、

勝手にそうだと思い込んでいた自分、

あのとき、ああしておけば回避出来たのにそれをしなかった自分、


その意味で、怒るとは自分が悪かったですという自己表現でもあるわけです。

それに対してどう対処するか。


こっちが怒り返しては、自分も悪かったですという自己表現にしかならないのでNGなのはわかりますよね。

かといって、おまえも悪いと思っているんだろうと核心をつくと火に油を注いでしまいます。

論破とかしたらなおさらです。


こちらとしては怒って欲しくないわけです。

なので、相手の言うことはオウム返しでも良いからそうなんだねと認めていきます。

でも、こちらも一歩も譲ってはいけません。

しれぇとした態度でいるだけです。ミラー効果で自然と同じように落ち着くのを待つのが正解ですね。