スマートフォン解析

言わない嘘は嘘じゃない

恋愛モンスターは嘘はつかないのですが、何でもバカ正直に言う必要もないということです。

 

嘘をつかない理由はひとつついてしまうと、それがばれたときにどこまで信じたら良いのか相手が疑わざるを得なくなるからです。

 

なので、楽しめなかったり、好きじゃなかったりしたら、自分にはまだどこがいいのかよくわからないので楽しみ方がわからなかったといった言い回しで本音を言っていいわけです。

 

その他にも言いにくいことはありますよね。


処女か非処女かとかもその一つです。
遠回しに今までの彼氏の話を振ってきたりしますが、基本、これらはディスりでしかないので、一緒に遊ぶ男友達は何人かいるけど、彼氏ではないかなぁといった言い回しとかです。一生一緒にいたい男性とは今まで会ったことがないかなぁとかだと非処女のように思われるかもしれませんが、場合によって使い分けましょう。


で、処女か非処女か直接的に聞かれることもあるでしょうが、デリカシーなさすぎでしょとディスり返しておけばいいわけです。その場合、非処女を告白するのがはずかしいのか、処女を告白するのかはずかしいのか、どっちかわからない雰囲気にしておけば大丈夫です。

 


もう一つよくあるのは、恋愛テンプレ脳で自分の市場価値をやたら落としまくっている子達に対するものです。教えてあげたいけど、こちらも男性経験が豊富なわけでもないので、おまえになんか言われたくないという状況もあるでしょう。

 

特に相手が20代前半とか若いと、とにかく目の前の恋愛感情至上主義で全く聞いてもらえないことも多々あります。そういう場合は、放置で構いません。

 

で、ある程度、年齢があがってきたら、あれっ、私ってただの無料風俗嬢じゃね?的な気づきが出て来ますから、そこでれんモスの良さをほんの少しだけ紹介してみます。それで乗ってくるなら、もう少し説明といった感じですね。

 


あと昨日誰と飲みに行ったのか問題もたまにあるでしょう。自分のレベルが高くて、心配している相手がパートナーだったりすると、言いにくいときもあります。その場合はイベントの概略だけ話して、誰と行くかとか、誰と行ったかには触れないのでも構いません。

 

すると、なにげも含めて、それを聞いてくる場合もあります。そういう場合はできるだけ事務的に応える感じで流しましょう。

 

恋愛テンプレ脳は浮気とか本気とかを気にしますが、大事なのは恋愛感情は信用できないということです。たとえ、恋愛感情があったとしてもそれは期待と不安がセットになっているだけであり、それ自体にパートナーと別れて、その人と一緒になりたいとかはないわけです。

 

あるとしたら、そもそもパートナーと別れたいと思っているときですよね。そこに火に油を注ぐようにパートナーが怒り出しては、お互い損をするだけですからね。

 

 

 

すると、聞きたくないことは聞かないという姿勢も大事となってきます。


といっても、相手のことなので、こちらにはどうすることもできませんが、こちらも聞かれたくなさそうなことには話してくるまで放置という態度が結果的にミラー効果でお互いできるようになってくるとよくなってくる場合もあります。

 

この辺はれんモスとパートナーでは逆になったりする場合もあるので、また別途考えてみてみましょう。