スマートフォン解析

【Club】恋愛モンスターに親友はいない

皆さんのアドバイスをもとに、思ったこと、さらに意見をいただきたいことをいくつか…

 

恋愛モンスターが異性だけでなく同性にも当てはまるという意見をいただき、安心しました。まさしく性別は関係ないような気がしたからです。(個人的には男友達のほうが話していて楽しい、とも思いますが)近年、性別に関しては複雑な問題となっていますが…とにかく様々な方々と関わっていこうかと。

 

------------------
なんとなくクラスの人気者とも繋がるのではないかと。なるべく分け隔てなく、貢献する。相談を聞いてあげたり、困っていたら助けてあげるとか。それこそ性別も関係ないですよね。自己、親、兄弟、異性、すべての人に対して。


------------------

最近本で知ったことですが、ダンバーさんの行ったある調査では、
「学生の電話記録を長期間追跡して、人間関係の変化を追跡したら、ほとんどの学生は、親友の数が常に5人前後に保たれていた」らしく。


「親友が5人いる人に新しい親友ができたら、親友が6人になるんじゃなくて、誰か1人が選抜落ちして、新しい親友がその枠に入る」ということらしく、面白いなと。
この調査での親友の定義はわかりませんが、どうやら人の脳機能では、親密な関係を維持するのは大変らしいです。
------------------

なるほど。大変面白いですね。人間は時間にも空間にも縛られますので、必然でしょうね。


ただ、人間は誰しも必ず環境も変わっていきますし、死にもすれば病気にもなる。
若い方ですとあまり意識されないでしょうが、結婚式より葬式に出る回数の方が増える日がいつか来ます。


ですので、5人以外の方とも薄く繋がっていればいいんじゃないの? というのがわたしの意見ですね。


親密さなんて波のように導きするものでいいのではないでしょうか。ああ、この人には久しぶりに連絡しても大丈夫だな。という、最低限の信頼関係さえあれば。

------------------
私もそう思います。

molove.hatenablog.com


れんモスはどんなに会っていなくても互いに心配し続けられる関係で、親子の愛に近いような感じですね。

一方で維持するのが大変な親密な関係というのは、れんモスでいうと50時間の壁を越える前のまだ安定していない関係に近いような感じがします。

 

50時間の壁を越えた状態に一度なってしまえば、どんなに会っていなくてもその人が心の礎になり自分を強くしてくれるんです。


------------------

 

タイトルの件についてクラブの方で書いてみましょう。

 

最後のコメントですが、確かにれんモスベイビーが育ちきった相手はどんなに会っていなくてもその人が心の礎になり自分を強くしてくれるんですが、さらに時間経過したれんモスXの方がずっと力強いですね。それには知り合ってから数年から10年くらいの時間が必要みたいです。

 

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com