スマートフォン解析

れんモスは結婚の一番美味しいところの練習みたいなもの

恋愛テンプレ脳がよくいうセックスの相性が大事だからやってみないとわからないという説得のカウンターパートになるのがこれですよね。

 

結婚しても、セックスするのはせいぜい1時間もないでしょう。まして、子供が出来たら時間を見つけるのすら大変になってきます。

 

あとは睡眠や仕事に行っている時間を省くと夫婦の時間のほとんどはセックスをしていない時間なんですよ。

 

ということは、むしろ、セックスをしていない時間の相性の方がよっぽど大事なわけです。


すると、じゃあ、同棲しようと言い出すこともあるでしょう。

 

しかし、結婚しなくてよい状況でのセックス込みでは、セックスの刺激の方が強すぎて、セックスしていない時間帯の相性はどうでもよくなるんです。

 

そうならないために、どうでもよくならない状況での相性判断が必要なわけです。

それには、セックス抜きでどれだけ一緒にいて楽しめるかです。それでいてセックスへの期待はあっても構いません。ただし、やらない方が楽しいからやらないと合意しておく必要がありますが。


さて、そうすると、基本、れんモスとはけんかはしないので、夫婦の穏やかな時間帯の雰囲気に近い状態になります。


それがどうなるかです。

 

これが不思議なことに、処女性の高い低いもあるんだけど、本当ひとりひとり全然違う雰囲気になるんですよね。
しかも、それが結婚に向いているかどうかも意外と関係ない軸で違っていたりするんです。

 

良い意味で、条件で決めなければいけないというか、条件で決まるような感じになります。