スマートフォン解析

【Club】一番じゃないかもという不安からのいらいらに対する対処法

これは恋愛テンプレ脳でも恋愛モンスターでも共通なのですが、恋愛感情自体は自分で制御できるわけではないわけです。

 

ちょっとしたきっかけで期待を持つことはあるわけで、それは好奇心や快感を求める正常な精神状態だと自然に発生してしまうからです。

 

その中の期待と不安というのは、相手との関係性やいろんなエピソードから増えたり減ったりしていき、それに経年変化が加わって移ろっていくわけです。

 

それでも、独占欲だけはそれほど大きな変化を持たずに持続し続けることがあります。

 

それは付き合うとか、結婚するとかの形で一応それなりの次の段階に行くので、少し安心できるのですが、付き合う程度だと別れるオプションが簡単に選択しやすいのでそれに対する不安から、独占欲が満たされてなくなることはないわけです。

 

むしろ、その不安から、ヒステリーやDVに発展しやすく、付き合うことが二人の関係性を上げているとはとても言えず、それを持ってして、付き合ってみないとわからないとか言っているのはそもそも見るべきところも作るべきところも違うわけです。


本来、この独占欲が「なくなる」状況というのは、相手のことをピュアに愛する状況だけなわけです。

 

それはどんなに離れていても、どんなに会っていなくても、互いに思いやる気持ちや想いに変化はなく、

相手が結婚しようが、子供をつくろうが、離婚しようが、相手の幸せと健康を願う気持ちに変わりはなく、

死ぬときに心の底からその人に会えて良かった、ありがとうと言えるような状況になることです。


こういう状態が相手を拘束・独占することで得られる一次的な満足感を遙かに越える満足感を得られるわけです。


一番楽しい状況というのは、こういうれんモスベイビーが育ちきった状況です。

何があっても相手が自分のことを裏切ることはない。

ちょっとやそっとのぶつかり合いくらいはあるけど、相手の気持ちを尊重した上でちゃんと議論できるような関係性です。

 

50時間というのはハードルを低めに設定するために用意した数字であり、実は50時間程度ではそういう状況には行き着きません。

 

それなりに意識するべきこともあるわけです。

 

それについてクラブで書いてみたいと思います。

 

つづきはクラブで

 

molove.hatenablog.com