スマートフォン解析

れんモスのポートフォーリオが大事

結婚する可能性がある男を探しているのに、ほぼ全員が処女チェックをしてくるという子がいました。

 

処女チェックにはいろんなパターンがありますが、元カレ情報を聞く形で質問されることが多いでしょう。

 


最初は、彼氏いるの?から入って、いないと答えると、どれくらいいないの?と聞いてきます。

 

これらは無料風俗嬢認定テストで、イエスと答えると、やるかやらないかテストに受かるためにあらゆる手立てを撃っていきます。お酒を飲ませて判断力を鈍らせて、元々落ちていっている自己評価が正しいかのようにディスりながら、今目の前にいる男が正解だよといった態度に出るわけです。

 

パターンは決まっているので、慣れれば息をするように気軽に手順を踏んできます。

 

逆にノーと答えると、普通じゃないとディスりまくって、恋愛テンプレ脳として生きていった方がいいのかといった迷いを狙い撃ちしてきます。

 

 

しかし、この手順を踏んでくる男は100%ただのヤリモクです。
現金送れは全て詐欺と同じです。

 

結婚のことなんかこれっぽっちも考えていません。

 

れんモスが多いなら、デートする相手はたくさんいますけど、結婚前にセックスはしないことにしているのでとストレートに答えて良いし。

 

そうでないなら、清純派AV女優って矛盾しているのにいつも人気あるじゃないですか。処女の方が、結婚相談所でもプレミアつくので、結婚するまで絶対しないことにしているんですよ。その方が、旦那さんも嬉しいでしょ?

 

といって、そんなこと気にしないといってきたら、
あなたが嘘つきなのはよくわかったので、今後気をつけるようにしますね。にっこりで返します。

 

逆に非処女なら、私のことはどうでもいいからとオウム返しで質問を返して根掘り葉掘り聞いていきましょう。ここでしつこくこちらの処女チェックをしてくる相手は結婚のことは考えてないし、後々、れんモスG的に結婚する気になったとしても、非処女であること込みで受け入れているので、やるとろくなことがないのでどんなにタイプの相手でもやらないことにしているということを自分の言葉で伝えて構いません。

 


さて、本題ですが、こういうタイプと結婚したいと思って、同じようなタイプばかり相手にしていると、対応力や思考パターンがワンパターン化してどつぼにはまりやすくなるんですよね。

 

この人はどうでもいいとか、めっちゃドキドキするとか、相手によって自分の感情や態度が自分の意志や想いと相反して制御不能になることはれんモスベイビーの育成に遅れが出てしまうわけです。進めば進むほど楽しくなるのにそこに行く前にスタックして動けない状態が続いたりします。

 

無駄な想像や思い込みで誤解が錯乱し、ごちゃごちゃした中で整理し直すのに時間も取られます。その間にお互いに前いた場所とは違うところにいたりして再度座標確認する必要が出て来たりするわけです。

 

距離感の取り方や、距離の詰め方を的確にかつ大胆にするためにもいろんな種類のれんモスをつくり、絡んでいくのは大事なわけです。

 

で、冒頭の例で言うと、そういうディスリから入る人から、異性関係を聞くのも怖いという奥手な人から、そんなことを聞くのは失礼だから聞かないという紳士な人とか、様々なタイプの男性を手持ちに持っておくべきものなんですね。それが結果、相手をディスる材料にもなるので、組み立てがしやすいわけです。

 

男性だったら、恋愛モンスター的な人から、ガチガード娘。、聖女タイプ、セックス好きな恋愛テンプレ脳、落ち武者、若い恋愛テンプレ脳といろんな女性を相手にすることで、仮に相手がフェードアウトしたり、シャットダウンしてきても、単に処女性が低い相手だと純粋に処理できるようになります。