スマートフォン解析

モテる男は断るオプションを与えながら要求しない男

「モテる」は「信頼できる」でも、「本当に愛している場合」でも構いません。


よく恋愛テンプレ脳のカップルで彼が機嫌悪くなるから、そうならないようにあれこれしてあげるとか、しないようにするとかあります。

 

逆に男性側がそうすることもあるでしょう。

 

それは互いの理想の、そして、この世に存在していない相手像にすり寄ろうとする姿勢であり、互いにやればやるほど、本来の相手からかけ離れた相手と付き合っている状態になるわけです。

 

 

むしろ、片方が自分を貫いてくれた方がまだ安定するくらいの勢いですが、貫いたあげくに理想の相手像を押しつけて半分DVみたいになっては本末転倒です。

 

人は変わりゆくものであり、興味があるものも、それに対する持続力も対応力も変化したり、衰えたりしてきます。

 

そのときの相手を受け入れるということが、愛している状態であるということですから、ある意味、好きなタイプということ自体意味がないわけです。

 

しかし、同時に恋愛感情は相手のことがわかっていないということですから、常に変わっていくことが恋愛感情を持続するという意味合いもあります。

 

常に変わっていくというのは、常に外からのインプットで自分自身が変化していくということであり、信頼できるソースという意味でもれんモスというソースは重要なわけです。これが、離れる力が引き合う力になるにつながっていきます。

 


本当に愛しているからこそ、相手のそういった変化を受け入れ、それが信頼につながっていきます。信頼できる相手でいることがモテることなので、タイトルのようになるわけです。