スマートフォン解析

処女性が高い人の特徴と人生を楽しめている人の特徴

自分は100人規模の音楽グルチャをいくつか持っているのですが、
処女性が猛烈に高い子は100人に一人くらいいて見た目は中の中くらいで別に格別に可愛いわけではありません。普通に可愛いくらい。

 

キャバ嬢みたいに派手な感じの髪やマツエクしている子もいますが、全然性的な色っぽさを感じないわけです。性的対象になりにくいといっても良いです。

 

また、知り合いにちょっとぽっちゃりというか、結構ぽっちゃりしている子がいるのですが、その子は自分のことをぶーちゃんと呼んでと自己紹介しています。名前に「ぶ」なんてないんですよ。もうそんなことはわかりきったことだから、そこから関係性を作っていこうと相手にアピールすることでみんなから可愛がられています。

 

 

逆に美人は若い頃は処女性が低いことが多いです。ただでさえ、アタックやセクトラが増えるのでそれにうんざりして殻にこもったり、壁を作ったりするくせがついてしまうからです。


それでも、年を重ねると、段々相手にされなくなってくるのと、自然と処女性も上がってくるので、魅力的になってくるんですが、恋愛に関して若い頃の価値観のままだと上手くは行かないですよね。

 

 

男の場合、アラフォーになって、結婚の対象になり得るくらい社会的地位が高くなったり、収入が増えることがあります。
処女性は年齢と共に勝手に上がっていくので、男であってもその頃には話のネタも増えて、角も取れて面白くなっていることもあるでしょう。
加齢と共にある程度結婚の対象としてのモテ度が上がっていけるんですよね。

 

 

しかし、女性の場合、若い頃よりも結婚の対象度が上がることは基本的にありません。
これはもう現実です。
だから、焦るというわけですが、逆にアラフォーで結婚していく人たちは別に美人なわけでもなく、結婚に焦っているようなタイプでもありません。


30代前半だとまだ焦って結婚したというタイプはいますが、アラフォーになると、半場諦めているところにたまたまバツイチの良物件だったり、ハゲやデブだけど、まじめで誠実みたいなタイプと知り合って結婚というパターンが多めでしょう。


一方で焦ってはないけど、諦めている美人のアラフォーは、本人が過去の元カレと比べて妥協しきれないのと、処女としての処女性もないことから独身のままということになりがちです。

 


ポイントをまとめると、

  • 女性は若いほど、結婚の対象になりやすい。男性は見た目で選んできますが、若さと処女性で挽回はできる。
  • 結婚に焦っている女性は選ばれにくい。
  • また、男性を選り好みしている女性も最終的には選ばれにくい。
  • 処女性が高く男にも女にもモテるタイプは相手を性的な意味で選んだりしていない。

 

しかし、処女性が圧倒的に高いタイプはもはや生まれ持ってその性質を獲得していたんじゃないかと思えるくらいの人が多く、それでいて、恋愛モンスター的な価値観がないとやっぱり恋愛テンプレ脳的な価値観に流されて、それでよかったんかなと思えるような結婚をすることも多い。

 


恋愛モンスターは数学と論理です。


人生はゲームであり、一瞬一瞬を楽しむことに意義があります。


将来、こうなって幸せになって、人生楽しみたいなんてことはありえないんですよ。
つまり、こういう男性と結婚して幸せになりたいもそれに当てはまります。

 

たとえ、ホームレスでも今この瞬間を楽しめないと、いつまで経ってもその状態は変わりません。

 

お金があったら、幸せなんでしょうか?お金持ちってそんなに幸せそうに見えますか?
むしろ、凄く退屈そうに見えませんか?


結婚を含めて恋愛関係になる人は、通常一人だけです。その一人だけが大事だとか恋愛テンプレ脳は言いますけど、半分はけんかしているし、時間が経つと無関心状態です。それって、本当に大事なの?

 

世の中には、その大事な人と同じ構造を持った生命体がその何億倍もいて、生涯で関われる人は、数千人~数万人いるわけです。

 

自分の好みのイケメンと、自分に寄ってくる好みじゃない男以外の人との関係性の方がずっと大事だし、本当の結婚相手はそこにいるわけです。

 

しかも、そのうち、結婚するのは一人だけなので、そういう人の99%以上は結婚しない相手なんですよ。だから、結婚しない相手と思って、結婚しない相手とどういう関係性を結ぶことが人生楽しくなるかということです。それが処女性の高さです。