スマートフォン解析

【Club】 男性と接するときに何を平等に扱うのが処女性の高さなのか

どのような出会いの形であっても、見た目だけで判断して自分より格上の人からデートに誘われることは男でも女でもほぼないでしょう。

 

つまり、知り合って間もないときにお互いの外見を知っている状態でデートに誘ってくるのはほぼ好みの相手ではないわけです。

 

それが擬似的に成り立っているのは、大学に入ってすぐの上から順番にペアリング大会が行われてるときですが、見た目だけでマッチングが行われているため、当然破綻していきます。

 

ある意味、見た目だけで判断しているとそうなるよねという実習みたいなものですが、女性も男性もしっかり処女としての処女性が落ちていきます。

 


さて、男性とデートするときは三つのフェーズがあります。

A) 合コンなど多人数で最初会う場合

B) もしくは、出会い系などで最初から1対1で、共通の友達もいない状態で会う場合

C) 知り合った後、二人で会う場合


このときに好みじゃない相手からがっつり来られることがほとんどで、互いにマッチするほどよい相手となんとなくいい雰囲気になるということは希なわけですし、あっても、互いの理想や思い込みをぶつけあうれんモスSコースまっしぐらでスローペースでいかないとうまくはいきません。


一番求めているものが一番うまくいきにくいんですよね。

 

 

しかし、出会い系などは最初にやりとりしているとはいえ、ほぼ予想とは違う相手が現れます。

 

このとき、どの段階でどのように平等に接するのが、処女性の高い態度なのか混乱している人もいるのでちょっと説明してみます。

 

続きはクラブで

 

molove.hatenablog.com